KinstaでWordPressサイトをホストする場合、Kinstaのサーバーを通してお客様のサイトに訪問者がアクセスできるよう、お客様にドメインの追加と紐付けを行っていただく必要があります。Kinstaでお客様のサイトを公開する手順の概要は、サイト公開に向けたチェックリストをご覧ください。

「Cloudflareドメイン」と「非Cloudflareドメイン」

この記事では、以下の定義を採用します。

  • お客様のドメインが、お客様ご自身の有効なCloudflareアカウントを介して、すでにCloudflareに紐付けられている場合、そのドメインは「Cloudflareドメイン」とみなされます。
  • お客様のドメインがCloudflareに紐付けられていない場合(プロキシまたはDNS)には、「非Cloudflareドメイン」とみなされます。

既に有効なCloudflareアカウントをお持ちのお客様は、2つのCloudflareゾーン(お客様個人のCloudflareアカウントとKinstaの無料Cloudflare統合機能)の互換性を維持するために、特別な操作を行っていただく必要があります。

 

お客様のサイトがCloudflareドメインを使用していない場合、ドメインをKinstaに追加し紐付ける方法については、引き続きこのページをお読みください。すでにCloudflareを使用している場合は「Cloudflareドメインを追加する方法」をご覧ください。

MyKinstaでドメインを追加し所有権を確認する方法

ステップ1 ─ MyKinstaに新しいドメインを追加する

MyKinstaで、「サイト」>「(特定のサイト)」>「ドメイン」と進み、「ドメインを追加」ボタンをクリックします。

 MyKinstaで新しいドメインを追加する
MyKinstaで新しいドメインを追加する

ドメインを指定し、「ドメインを追加して続行」をクリックして続行します。MyKinstaは、ルートドメインとサブドメインの両方をサポートしています。ルートドメインを追加すると、ワイルドカードドメイン(*.domain.com)が追加され、サブドメインが自動的にサポートされることになります。

 MyKinstaで独自ドメインを追加する
MyKinstaで独自ドメインを追加する

ステップ2 ─ ドメインの所有権を確認する

次に、Kinstaの無料Cloudflare統合機能を使用するために、ドメインの所有権を確認する必要があります。このためには、ドメインのDNSに2つのTXTレコードを追加する必要があります。DNSプロバイダは、ドメインのネームサーバーに紐付けられます。これは、ドメインのレジストラや、他のDNSプロバイダである可能性もあります。

Kinsta DNSを使用している場合、ドメインの所有権確認用のTXTレコードが自動的に追加されますので、以下の「ドメインをKinstaに紐付ける方法」まで読み飛ばすことができます。

別のDNSプロバイダを使用している場合には、DNSプロバイダのコントロールパネルにログインし、TXTレコードを追加してください。

 MyKinstaでドメインの所有権を確認する
MyKinstaでドメインの所有権を確認する

1つ目のTXTレコード

  • ホスト名: _cf-custom-hostname
  • 値: MyKinstaで表示される固有UUID値(xxxxxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxxxxx)

2つ目のTXTレコード

  • ホスト名: @(DNSプロバイダが「@」をサポートしていない場合、空白にする)
  • 値: MyKinstaで表示される固有UUID値(xxxxxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxxxxx)

DNSプロバイダのコントロールパネルにログインし、これらのTXTレコードを追加してください。

最初のTXTレコードでは、「ホスト名」フィールドに_cf-custom-hostnameを、「コンテンツ」フィールドに独自のUUID値を使用します。TXTレコードの中身を確認し、保存します。

2つ目のTXTレコードでは、「ホスト名」フィールドに@を使用するか、空白にしておきます(DNSプロバイダで有効な方を選択)。また、「コンテンツ/テキスト」フィールドには、固有のUUID値を使用します。TXTレコードの中身を確認し、保存します。

DNSプロバイダでのTXTレコード追加を終えたら、MyKinstaの「ドメインの確認」ウィンドウで「すでに完了しました」をクリックします。

 TXTレコードで所有権を確認したら、MyKinstaの「すでに完了しました」ボタンをクリック
TXTレコードで所有権を確認したら、MyKinstaの「すでに完了しました」ボタンをクリック

DNSプロバイダによっては、TXTレコードが伝搬するまでに最大24時間かかる場合があります。完了すると、このような通知メールが届きます。

 Kinstaからのドメイン所有権確認完了メール
Kinstaからのドメイン所有権確認完了メール

Kinstaにドメインを紐付ける方法

ドメインの所有権確認が完了したら、メールにある「ドメインの設定を行う」ボタン、またはMyKinstaの独自ドメインの横にある「ドメインの紐付け」ボタンをクリックします。

 ドメインをKinstaに紐付ける
ドメインをKinstaに紐付ける

ルートドメインをKinstaに紐付ける

ドメインのKinstaへの紐付け」ポップアップに、サイトIPアドレスが表示されます。これは、お客様のドメインのAレコードのIPアドレスです。

 MyKinstaのサイトIPアドレス
MyKinstaのサイトIPアドレス

次に、DNS管理サービスに移動し、上記のサイトIPアドレスを使ってAレコードを設定します。Kinsta DNSを使用している場合、Aレコードの設定方法は次のとおりです。

  1. MyKinstaを新しいタブで開きKinsta DNSに移動します。
  2. すでにドメインのA、AAAA、またはCNAMEレコードがある場合は、新しいAレコードを追加する前に、「操作」の列にあるゴミ箱のアイコンをクリックして削除する必要があります。
  3. DNSレコードを追加する」ボタンをクリックし、Aを選択します。
  4. ルートドメインを指定する場合は、「ホスト名」フィールドを空欄のままにします。サブドメインを指定する場合は、「ホスト名」フィールドでサブドメインを指定します。
  5. IPV4アドレス」欄にサイトIPアドレスを入力します。
  6. DNSレコードを追加する」をクリックします。
 Kinsta DNSにAレコードを追加する
Kinsta DNSにAレコードを追加する

DNSレコードを追加した後、「ドメインのKinstaへの紐付け」ポップアップに戻り「すでに完了しました」をクリックします。

 ドメインをKinstaに紐付け、「すでに完了しました」をクリック
ドメインをKinstaに紐付け、「すでに完了しました」をクリック

「WWW」付きドメインをKinstaに紐付ける

ルートドメインのAレコードを設定することに加えて、「www」付きのドメインもKinstaに紐付けることをお勧めします(まだしていない場合)。注)Kinsta DNSを使用し、「DNSレコードのwww版と非www版を追加する」を選択した(チェックマークを入れた)場合、CNAMEがすでに追加されています。

これを行うには、「www」付きドメインのCNAMEレコードを追加または編集して、ルートドメインと紐付けます。

 「www」付きドメインのCNAMEレコードを作成する
「www」付きドメインのCNAMEレコードを作成する

Kinsta DNSを使用している場合は、「DNSレコードを追加する」をクリックし、「CNAMEを選択します。CNAMEレコードには、以下の設定を使用します。

  • タイプ: CNAME
  • ホスト名: www
  • 指定先: お客様のルートドメイン(例: brianwp.com)
  • TTL: 1時間

ワイルドカードドメインをKinstaに紐付ける(任意)

また、ワイルドカードサブドメインもサポートしています。ワイルドカードサブドメインは、サブドメインを全て網羅するものです。たとえば、次のような3つのDNSレコードが設定されている場合を考えてみましょう。

  1. Aレコード: sub.domain.com─123.123.123.123
  2. Aレコード: sub2.domain.com─456.456.456.456
  3. Aレコード: *.domain.com─789.789.789.789

sub.domain.com または sub2.domain.com ではないサブドメインへのリクエストは、自動的に *.domain.com の A レコードによって処理され、789.789.789.789にルーティングされます。

Kinstaでワイルドカードドメイン機能を使用するには、以下の設定でAレコードを追加します。

  • タイプ: A
  • ホスト名: *
  • 指定先: MyKinstaで表示されるサイトIPアドレス
  • TTL: 1時間
 ドメインのワイルドカードAレコードを追加
ドメインのワイルドカードAレコードを追加

ワイルドカードAレコードを追加した後、他の場所に紐付けられていない任意のサブドメインにアクセスすると、リクエストがKinstaにルーティングされることになります。

HTTPSリダイレクト(任意)

技術的には任意ですが、サイトでの HTTPS接続を強制する(リダイレクトする)ことをお勧めします。Cloudflareとの統合により、ドメインが確認されると、無料のSSL証明書(ワイルドカード対応)が自動的にサイトに追加されます。その後、MyKinstaでサイトを選択し、「ツール」に移動して「HTTPSリダイレクト」の下にある「利用する」ボタンをクリックすれば完了です。

 MyKinstaでHTTPSリダイレクトを設定する
MyKinstaでHTTPSリダイレクトを設定する