New Relicは、パフォーマンスデータの細かな内訳を知ることができる監視ツールです。これには、2つの注意点があります。

  1. Kinsta APMとNew Relicの両方を同時に使ってサイトを監視することはお勧めしません。両方が同時に有効にならない限り、Kinsta APMとNew Relicを切り替えて使用することは問題ありません。
  2. New RelicフロントエンドにJavaScriptを追加するため、ウェブサイトの動作が遅くなることがあります。デバッグが終了したら、必ずこれをオフにするようにしてください。

New Relicを使ってウェブサイトを監視するには、お客様ご自身で、New Relicライセンスキーを取得していただく必要があります。

New Relicプランの階層

New Relicには、「Free」、「Standard」、「Pro」、「Enterprise」の4段階のプランがあります。サイトに合ったプランを選ぶために、New Relicの価格ページで比較検討してみることをおすすめします。

New Relicライセンスキーの取得

まだの方は、New Relicのアカウント登録を行ってください。New Relicの様々な機能に対して、個別にAPIキーが用意されています。この中でもMyKinstaに追加するのは、「license key(ライセンスキー)」です。これをプライマリインジェストキーとして使用して、APMやデータのインジェストを行います。

New Relicのアカウントにログインしたら、アカウント/ユーザーのドロップダウンをクリックし、API keys」をクリックします。

アカウントのドロップダウンで「API keys」を選択する
アカウントのドロップダウンで「API keys」を選択する

API keys」のページには、複数のAPIキーが表示されます。コピーする必要があるのは、INGEST – LICENSEキーです。そのキーの三点リーダーメニューをクリックし、ドロップダウンでCopy keyを選択します。

New Relicのライセンスキーをコピーする
New Relicのライセンスキーをコピーする

MyKinstaでNew Relicを用いた監視を開始する

続いては、New RelicのライセンスキーをMyKinstaに追加する方法をご紹介します。まず、MyKinstaにログインします。続いて、サイトの「ツール」ページに移動し、New Relic「利用する」をクリックします。

MyKinstaでNew Relicを使ってWordPressサイトの監視を開始する
MyKinstaでNew Relicを使ってWordPressサイトの監視を開始する

New Relicを用いた監視の開始」ポップアップで、New Relicのライセンスキーを入力し、「利用する」ボタンをクリックします。

MyKinstaでNew Relicのライセンスキーを追加
MyKinstaでNew Relicのライセンスキーを追加

New RelicでWordPressサイトを監視する

MyKinstaでのライセンスキー登録を終えると、New Relicを用いてWordPressサイトのパフォーマンスデータを表示できるようになります。数分経ってもデータが表示されない場合は、New Relicのアカウントから一度ログアウトし、ログインし直してみてください。

ExplorerServices – APM」を選択するか、トップナビゲーションでAPM」をクリックします。WordPressサイトが表示されるはずです。このサイトの名前は、MyKinstaのものと同じになります。

New Relicの「Explorer」で「Services - APM」を表示する
New Relicの「Explorer」で「Services – APM」を表示する

サイト名をクリックすると、APMデータがNew Relicに表示されます。

New RelicのAPMデータ
New RelicのAPMデータ

New Relicを使ってWordPressサイトのパフォーマンスのボトルネックについて、トラブルシューティングを実施する方法は、以下をご覧ください。