Redisはオープンソースのインメモリデータ構造ストアです。WordPressなら、Redisを使用しWordPressの独自のオブジェクトキャッシュにより生成された値を永続的に保存し、キャッシュされたオブジェクトをページ読み込み間に再利用できます。

Redisなどの永続オブジェクトキャッシュを使用すると、MySQLデータベースに同じオブジェクトに対して2回クエリを実行せずに、キャッシュされたオブジェクトを再利用できます。その結果、RedisはウェブサイトのMySQLデータベースの負荷を軽減し、ウェブサイトの応答時間を短縮し、トラフィックの変更に合わせてスケーリングできるようにします。

Redisが便利なウェブサイト

Kinstaでは、プラットフォーム上のすべてのサイトにページキャッシュが組み込まれています。ただし、ページキャッシュはあまり便利でないサイトもあります。例えば、一部のeコマースサイト、メンバーシップサイト、フォーラムやディスカッションボード、コメントセクションが非常に活発なブログなどの動的なウェブサイトはそうです。

ページキャッシングを使用できない非常に動的なウェブサイトなら、Redisなどの永続的なオブジェクトキャッシングを検討する価値があります。

Redisは原則として、サイトがページキャッシュを非常に不適切に使用しない限り、静的なブログ、会社の情報サイト、およびニュースサイトなどの読み込み時間を改善しません。

KinstaのサイトにRedisを追加する

KinstaでホストされているサイトにRedisを追加する場合は、次の手順に従います。

  1. Kinstaのサポートチームに連絡して、Redisをサイトに追加するように申請してください。お支払いへのアクセス権を持つユーザー(企業の所有者、企業の管理者、企業の課金担当者)のみがアドオンの追加を承認できることにご注意ください。
  2. KinstaのサポートチームがサイトコンテナーにRedisをインストールし、財務がRedisアドオンのサブスクリプションをアカウントに追加します。ご利用料金は、サイトあたり月額100ドルです。
  3. Redisがサイトコンテナーにインストールされた上、サイトにプラグインをインストールして、RedisとWordPressのオブジェクトキャッシュを統合します。この目的に使用できるプラグインはいくつかあります。最も人気のある2つのオプションは、WP RedisRedis Object Cacheです。

サイトにステージング環境と本番環境の両方がある場合の重要な注意事項:ステージングサイトが不要になった場合は削除してください。本番サイトにRedisをインストールした後、ステージングを再作成できます。ステージングサイトを削除できない場合は、Redis(およびRedisプラグイン)をステージングサイトのコンテナーに追加する必要があります。そうしないと、次にステージングが本番環境に公開されたときに、本番環境のRedisインストールが上書きされて削除されます。

さらに、Redisの使用を中止する場合は、Redisをサイトコンテナーから削除するよう申請し、Redisアドオンのサブスクリプションもキャンセルする必要があります。当社の返金ポリシーに従って、Redisアドオンの未使用のご利用料金を返金いたします。

WordPressウェブサイトでRedisを使用する

Redisがインストールされてプラグインを使用してサイトに統合された後にバックグラウンドで動作します。

Redisのオブジェクトキャッシュをクリアするには、Kinsta MU プラグインによってウェブサイト管理画面に追加された「キャッシュをクリア」機能を使用いただけます。このボタンは、ページキャッシュとサイトでアクティブであればオブジェクトキャッシュの両方をクリアします。

WordPress管理ツールバーからキャッシュをクリアする

WordPress管理ツールバーからキャッシュをクリアする

オブジェクトのキャッシュを有効にした後、サイトを徹底的にテストし、複数のユーザープロファイルを使用してウェブサイトの重要なプロセスをすべて確認し、キャッシュされたオブジェクトが誤って使用されないようにすることが重要です。

キャッシュされたオブジェクトが誤って使用されていることがわかった場合、wp_cache_add_non_persistent_groups関数を使用して、オブジェクトのキャッシュからオブジェクトの特定のグループを除外することができます。オブジェクトキャッシュのパフォーマンス改善は、KinstaによるRedisサポートの範囲外であり、資格のあるWordPress開発者に実施される必要があります。

KinstaによるRedisのサポート範囲

KinstaによるRedisのサポート範囲は、Redisと必要な依存関係をサイトコンテナーにインストールし、RedisをWordPressで使用できるようにすることです。Redisのウェブサイトへの統合と、オブジェクトのキャッシュからオブジェクトの特定のグループを除外することは、各ウェブサイトの所有者の責任です。Redisのウェブサイトへの適切な統合に支援を必要とする場合は、資格のあるWordPress開発者の力を借りる必要があります。


時間とコストを節約し、サイトパフォーマンスを最大化します。

  • 24時間年中無休でお問い合わせいただけるWordPressホスティングの専門家からの即座なサポート。
  • Cloudflare Enterpriseとの統合。
  • 世界各地に設置された28カ所のデータセンターでグローバルなオーディエンスに対応。
  • アプリケーションのパフォーマンス監視機能を使った最適化。

長期契約は必要ではありません。サーバー移行のサポート、30日間の返金保証など、さまざまなサービスを提供しております。お客様に最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。または、当社のプランをご確認ください。