2019年7月1日以降、Kinstaは米国の一部の州の拠点を置く顧客の請求書に「売上税」を追加します。本記事では、影響を受ける州とその影響の内容について説明します。

売上税とは?

売上税は、商品やサービスの販売に対して政府が課す消費税です。売上税は州によって管理され、地方自治体によって課されるため、割合は都市や州によって異なります。売上税について詳しくは、usa.govをご覧ください。

米国の売上税の影響を受ける州

売上税は、サービスが実施される場所に基づいて計算され、適用されます。そこでKinstaは、お客様がサインアップ時に入力した住所を見て、サービスが使用されている場所を特定します。MyKinstaでは、この住所を確認して更新いただけます

次のいずれかの州で当社のサービスをご利用のお客様の請求書には、売上税が適用されます。

今後は、リストに追加の州を追加する場合があります。Kinstaが上記以外の州で売上税を適用する必要があることが明らかになった場合、適用する前に影響を受けるお客様に最新情報を提供いたします。

お客様への影響

お客様が米国居住者であるか、お客様の会社が米国で登録されている場合、お客様が売上税を課している州にいれば、当社はお客様の購入に売上税を適用する義務があります(上記のリストを参照)。

たとえば、執筆時点では、テキサス州ダラスの売上税率は8.25%です。Proプラン(執筆時の定価は60ドル)を購入すると、チェックアウトの合計は64.95ドルになります。これには60ドルの利用料金と8.25%に当てはまる4.25ドルの税金が含まれています。これらの項目は、チェックアウト画面と請求書に別々に表示され、お客様がいる場所のに基づいて自動的に追加されます。

テキサス州の売上税

テキサス州の売上税

売上税の税控除

特定の状況下では、お客様またはお客様の会社が税控除の対象となる場合があります。売上税の税控除の処理は州ごとに行われます。お客様の組織が税控除の対象となっている場合は、当社のサポートチームに連絡して非課税証明書の写しをご提出ください。

非課税の詳細については、お客様のいる州の収税部に確認してください。

2019年7月1日の時点での変更

2019年7月1日以降、Kinstaは、売上税を課している州のすべての米国居住者および米国登録企業に対して売上税を適用し始めます(上記のリストを参照)。その旨を、MyKinstaダッシュボードを介しても通知いたします。

売上税は過去の請求書から返金されますか?

残念ながら違います。非課税証明書の写しを提出する責任をお客様が負います。提出前に適用された売上税は返金できません。


このチュートリアルが面白かった方なら、当社のサポートも大好きでしょう。Kinstaのすべてのホスティングプランには、ベテランのWordPress開発者とエンジニアによる24時間365日のサポートが付いています。フォーチュン500のお客様をサポートしているチームとチャットしませんか。当社のプランをご確認ください。