Kinstaで作成されたすべてのサイトにはWordPress一時URLがあるため、独自のドメインを指定する前でも、すぐにサイトへのアクセスができます。一時URLのフォーマットhttps://sitename.kinsta.cloudです。

GoogleコンテンツURLの重複に対してのポリシーがあるため、SEO上の問題を回避するために、一時URLnoindex、nofollow、nosnippet、noarchiveの値を含むX-Robots-TagHTTPヘッダーを強制的に適用しています。

つまり、「sitename.kinsta.cloud」というURLが検索エンジンによってインデックスに登録されません。同じことがステージング環境staging-sitename.kinsta.cloud )にも当てはまります。

当社の以前の一時URLフォーマットは「yoursite.kinsta.com」と「sitename.tempXXX.kinsta.cloud」でした。ずっと前からのお客様であれば、サイトがまだこのフォーマットを使用している可能性があります。

新規サイトが作成されると、一時 URLを使用してその新規WordPressサイトにアクセスできます。MyKinstaダッシュボードの「ドメイン」セクションにあります。

各KinstaサイトにはWordPressの一時URLがある

各KinstaサイトにはWordPressの一時URLがある

サイトをKinstaに転送した後、「ドメイン」メニューで最終的なドメインを追加し、DNSがKinstaを指すように設定する必要もあります。DNSが浸透すると、一時 URLは不要になります。


時間とコストを節約し、サイトパフォーマンスを最大化します。

  • 24時間年中無休でお問い合わせいただけるWordPressホスティングの専門家からの即座なサポート。
  • Cloudflare Enterpriseとの統合。
  • 世界各地に設置された28カ所のデータセンターでグローバルなオーディエンスに対応。
  • アプリケーションのパフォーマンス監視機能を使った最適化。

長期契約は必要ではありません。サーバー移行のサポート、30日間の返金保証など、さまざまなサービスを提供しております。お客様に最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。または、当社のプランをご確認ください。