こちらのページでは、サイトのキャッシュをクリアする方法をご紹介します。なお、サイトで使用しているテーマやプラグインにキャッシュが組み込まれている場合は、先にそちらのキャッシュをクリアすることをお勧めします。

WordPress管理画面でキャッシュをクリアする

WordPress管理画面にログインします。

サイト全体のキャッシュをクリアするには、画面右上にある管理ツールバーの「Clear Cache」をクリックします。

Kinsta MUプラグインを使ってWordPress管理画面からキャッシュをクリア
Kinsta MUプラグインを使ってWordPress管理画面からキャッシュをクリア

サイトに変更を加えた後に、特定のURLやパスのキャッシュを自動的にクリアしたい場合は、Kinsta MUプラグインで設定が可能です。左サイドバーの「Kinsta Cache」をクリックし、サイトの更新時にパージしたいURLを追加します。詳しい手順については、Kinsta MUプラグインにカスタムキャッシュURLを追加する方法をご覧ください。

  • エッジキャッシュが有効になっている場合、Kinsta MUプラグインでキャッシュをクリアすると、エッジキャッシュもクリアされます。
  • 弊社CDNを使用している場合、Kinsta MUプラグインでキャッシュをクリアすると、CDNキャッシュもクリアされます。

MyKinstaでキャッシュをクリアする

MyKinstaにログインし、左サイドバーの「WordPressサイト」をクリックします。

サイト一覧から該当するサイト名を選択し、「ツール」画面を開きます。

サイトキャッシュ」セクションの「キャッシュをクリア」をクリックします。

  • エッジキャッシュが有効になっている場合、MyKinstaでキャッシュをクリアすると、エッジキャッシュもクリアされます。
  • サイトにRedisアドオンを追加している場合、MyKinstaでキャッシュをクリアすると、Redisオブジェクトキャッシュもクリアされます。
MyKinstaのツール画面からキャッシュをクリア
MyKinstaのツール画面からキャッシュをクリア

WP-CLIでキャッシュをクリアする

SSHでサーバーに接続し、サイトのドキュメントルートに移動します。

cd public

Kinsta MUプラグインがサイトにインストールされている場合、以下のコマンドでフルページキャッシュとエッジキャッシュ(有効な場合)をクリアできます。

wp kinsta cache purge

エッジキャッシュをクリアせずにサイトキャッシュだけをクリアするには、--siteフラグを追加します。

wp kinsta cache purge --site

弊社CDNを使用している場合、--cdnフラグを追加すると、CDNキャッシュをクリアできます。

wp kinsta cache purge --cdn

サイトにRedisアドオンを実装している場合、--objectフラグを追加すると、Redisキャッシュをクリアできます。

wp kinsta cache purge --object

すべてのキャッシュをクリアするには、--allフラグを使用してください。

wp kinsta cache purge --all

サイトのオブジェクトキャッシュをクリアするには、以下のコマンドを実行します。

wp cache flush

また、上記2つのコマンドを1行にまとめることも可能です。

wp kinsta cache purge && wp cache flush

以下のコマンドでSSHを終了します。

quit

SSHを使用してRedisキャッシュをクリアする

サイトにRedisアドオンを実装している場合は、SSHでサーバーに接続し、次のコマンドでRedisキャッシュをクリアします。

redis-cli flushall async

以下のコマンドでSSHを終了します。

quit

関連ドキュメント