弊社では、Herokuが管理するオープンソースプロジェクト「ビルドパック(buildpacks)」を使用し、リポジトリに基づいてアプリケーションのコンテナを自動で作成します。ビルドパックは、アプリケーションのデプロイ時に実行され、依存関係をインストールし、環境を構成するためのスクリプトです。ビルドパックを使用するには、アプリケーションの追加時に、「コンテナイメージを自動で設定」を選択してください。

ビルドパックのアプリケーション言語は、以下をサポートしています。

アプリケーションで異なる言語バージョンを使用するには、アプリケーションのファイルでバージョンを設定してください。

サポートされいないビルドパック言語を使用するには、Dockerfileを使用します。アプリケーションの追加時に、「Dockerfileを使用してコンテナイメージを設定」を選択してください。

ビルドパックの設定

アプリケーションによっては設定が不要ですが、一部は実行に専用のコマンドや設定が必要なものがあります。

環境変数─場合によっては、アプリケーションを実行するために特定の環境変数の設定が必要になることがあります。

プロセス─Kinstaでは、ウェブプロセスのコマンドを自動検出しますが、必要に応じて変更したり、追加のプロセスを定義したりすることができます。

Procfileでのプロセス─必要に応じて、アプリケーションのコード内のProcfileでプロセスを定義することができます。

ビルドパックの追加と編集

ビルドパックは、アプリケーションの「設定画面で管理可能です。ビルドパックを追加するには、「ビルドパックを追加」をクリック、削除したり、順番を変更したりするには、「ビルドパックを編集」をクリックしてください。

ビルドパックを追加すると、自動的にビルドパック一覧の最後に追加されます。ビルドパックをドラッグ&ドロップすると、「ビルドパックの編集」画面で順序を変更することができます。