こちらのページでは、弊社アプリケーションホスティングを使用して、GitHubリポジトリからLaravelアプリケーションをデプロイ、セットアップする方法の例をご紹介します。

Laravelは、主にPHPベースのアプリケーションであるため、composer.jsonファイルで定義された依存関係は、デプロイメントプロセス中に自動インストールされます。

  1. GitHubにログイン後、「Kinsta – Hello World – Laravel」テンプレートから、新規リポジトリを作成してください(「Use this template」>「Create a new repository」)。
  2. Laravelでは、APP_KEY環境変数の設定が必要です。お客様ご自身でアプリキーをローカルに生成するか、オンラインLaravelキージェネレーターで作成可能です。
  3. MyKinstaで、Hello World Laravelリポジトリを使用してアプリケーションを追加します。「環境変数」の「キー1」にAPP_KEY 、「値1」には、手順2で生成したキーを貼り付け、「ランタイムで利用可」と「ビルドプロセスで利用可」を選択します。
  4. 最初のデプロイ時に必要なコマンドが自動で検出されるため、ウェブプロセスのstartコマンドは空白のままで問題ありません。
    注意)必要なBuildpacksを追加する必要があるため、最初のデプロイメントが失敗することがあります。
  5. アプリケーションがCSS/JSファイルをビルドできるよう、Node.jsPHPの2つのビルドパックを追加します。「設定」>「Buildpackの追加」を選択し、「Node.js」>「Buildpackを追加」をクリックします。PHPでも同じ操作を繰り返してください。
    アプリケーションの主要言語を含むBuildpackは、Buildpacks一覧の最後になければなりません。この例では、PHPが主要言語であるため、PHPのBuildpackを一覧の最後に追加してください。
  6. デプロイメント」>「今すぐデプロイ」>(必要なブランチを選択)>「アプリケーションをデプロイ」をクリックします。

ビルドが終了すると、Kinstaのウェルカムページが表示され、すぐにアプリケーションをご利用いただけます。

Laravelのデプロイ完了後に表示されるKinstaのウェルカムページ
Laravelのデプロイ完了後に表示されるKinstaのウェルカムページ

Laravelアプリケーションのセットアップ方法について動画での解説もご用意しています

データベースを接続する

アプリケーションをデータベースに接続する場合、まずはアプリケーションと同じデータセンターにデータベースを作成します。

  1. データベースを追加します。
  2. 内部接続を追加し、「環境変数を追加」にチェックを入れて、データベースをアプリケーションに接続します。これでデータベースから環境変数が自動入力されます。
  3. Laravelが使用する変数名(キー)の一部は、MyKinstaで自動生成されたものと異なります。必要に応じてLaravelのdatabase.phpファイルで定義されているものと一致するよう、変数キーを編集してください。Laravelがサポートするデータベースタイプに対応する変数名(キー)は以下を参照してください。

環境変数

MySQLとPostgreSQL

自動生成キー Laravelキー
DB_HOST DB_HOST
DB_PORT DB_PORT
DB_NAME DB_DATABASE
DB_USER DB_USERNAME
DB_PASSWORD DB_PASSWORD
DB_CONNECTION_URL DB_URL


Redis

自動生成キー Laravelキー
DB_HOST REDIS_HOST
DB_PORT REDIS_PORT
DB_NAME REDIS_DB
DB_USER REDIS_USERNAME
DB_PASSWORD REDIS_PASSWORD
DB_CONNECTION_URL REDIS_URL

LaravelのAPP_KEY

Laravelでは、環境変数APP_KEYの設定が必要です(設定しない場合は、Laravelの500エラーページが表示されます)。このキーは、お客様ご自身でローカルに生成するか、オンラインLaravelキージェネレーターで作成可能です。キーの取得後、環境変数として追加します。

Buildpacks

ほとんどの場合、アプリケーションにCSS/JSファイルをビルドさせるため、以下2つのBuildpacksを追加する必要があります。

  • Node.js
  • PHP

アプリケーションの主要言語を含むBuildpackは、Buildpacks一覧の最後になければなりません。この例では、PHPが主要言語であるため、PHPのBuildpackを一覧の最後に追加してください。

ウェブサーバーのセットアップ

startコマンド

デフォルトのウェブプロセスは、heroku-php-apache2です。この例では、Laravelのpublic/index.phpにすべてのリクエストをリルートする.htaccessファイルが含まれています。startコマンドは、必要に応じてアプリケーションの追加時(プロセスのセットアップ)、またはデプロイ後のアプリケーションの「プロセス」画面でコマンドを変更可能です。以下を使用してください。

  • heroku-php-apache2 /public
  • php artisan serve --host 0.0.0.0 --port 8080