このページでは、Kinstaのアプリケーションホスティングサービスを使って、GitHubリポジトリからFlaskアプリケーションをデプロイ、セットアップする方法の一例をご紹介します。

FlaskはPythonベースのウェブフレームワークです。Kinstaでは、requirements.txtファイルで定義された依存関係が、ビルドプロセス中に自動でインストールされます。

  1. GitHubにログイン後、「Kinsta – Hello World – Flask」テンプレートから、新規リポジトリを作成(「Use this template」>「Create a new repository」)
  2. MyKinstaで、「Hello World – Flask」リポジトリを使ってアプリケーションを追加(Kinstaのシステムが自動でリポジトリ内のProcfileから必要なコマンドを検出するため、ウェブプロセスのstartコマンドは空白のままにしておいて問題ありません)

ビルドが終了するとすぐにアプリが利用可能になり、KinstaのウェルカムページがアプリケーションのURLを介して表示されます。

Flaskのデプロイ完了後に表示されるKinstaのウェルカムページ
Flaskのデプロイ完了後に表示されるKinstaのウェルカムページ

KinstaでFlaskアプリケーションをセットアップする方法について、動画での解説もご用意しています

ウェブサーバーのセットアップ

startコマンド

アプリケーションをデプロイし、リポジトリにProcfileを含めると、Kinstaのシステムにより、Procfileに基づき自動でリポジトリルートにウェブプロセスが作成されます。ウェブサーバーを実行するには、Procfileで以下のコマンドを実行してください。

web: gunicorn helloworld.wsgi