SSHは、安全なリモートログインまたはその他の安全でないネットワーク上の安全なネットワークサービス用のプロトコルです。Kinstaのすべてのホスティングプランのお客様にSSHアクセスをご利用いただけます。SSHアクセスを使用すると、まるでサーバー自体を触っているかのようにコマンドプロンプトにログインし、一般のシスアド作業とコマンドを実行することができます。また、Git、Composer、npm、WP-CLIなどのその他のツールを実行することもできます。

WordPressウェブサイトでSSHに接続する方法については、以下の手順に従ってください。

SSHは上級ユーザーのみが使用してください。SSHで不適切なコマンドを実行すると、ウェブサイトが破壊される恐れがあります。自信のない方は必ず開発者または当社のサポートに問い合わせをしてください。

SSHアクセスログイン情報

SSHに接続するには、次の情報が必要です。

いまだに満足できるWordPressホスティング会社をお探しでしょうか?

KinstaのプレミアムマネージドWordPressホスティングを試し、問題のウェブサイトを経験してみませんか。
  • 管理者を表すリモコンのポンチ絵 完全なる管理
  • セキュリティを示すシールドの中のレ点フォートノックスのように安全
  • マイグレーションを表す線の合併無料マイグレーション
  • サーバーの速度を表す3つの右向きのシェブロン無制限のスピード
  • バックアップを表す円の矢印の中の中心点毎日のバックアップ
  • サーバースタックを表すオフセットの六角形Google Cloud Platform
  • サーバーアドレス(通常はIPアドレス)
  • ユーザー名(メールアドレスではなく、SFTPユーザー名)
  • パスワード
  • ポート(Kinstaではセキュリティが大事にされている為、各ウェブサイトは独自のポートを使用しています)

Kinstaのお客様は、MyKinstaダッシュボードのウェブサイトの「情報」タブで上記の情報を確認できます(下記参照)

sshへの接続方法、MyKinstaログイン情報

SSHへの接続方法、MyKinstaログイン情報

WindowsでSSHに接続する方法について

Windowsをご利用のお客様は、SSHに接続するにはターミナルクライアントが必要です。

ステップ1

無料のPuTTYクライアントをダウンロードすることをお勧めします。これにPuTTYgenが含まれている為、.msiインストーラを使いましょう。今後、SSHキーを使用したい場合は、必要になります。

ステップ2

PuTTYを起動し、ホスト名(Kinsta IPアドレス)と独自のポート番号を入力します。次に、「開く」をクリックします。

PuTTYクライアント

PuTTYクライアント

 

ステップ3

初めて接続する場合は、rsa2キープロンプトが表示される可能性が高いです。今後ホストを信頼することを指定するには「はい」をクリックします。

PuTTYセキュリティ警告rsa2キー

PuTTYセキュリティ警告

ステップ4

Kinstaのユーザー名を入力し、エンターキーを押します。

lPuTTYログイン

PuTTYログイン

ステップ5

パスワードを入力し、エンターキーを押します。

ssh PuTTYパスワード

PuTTYパスワード

SSHを使用してWordPressウェブサイトへの接続ができました。

PuTTYのログインに成功した

PuTTYのログインに成功した

これからは、「ls」または「cd」などのコマンドを実行することにより項目をリスト化し、ウェブサイトのディレクトリ全体をナビゲートすることができます。すべてのウェブサイトではWP-CLIもデフォルトでインストールされています。

PuTTYをナビゲートする

PuTTYをナビゲートする

MAC/LinuxでSSHに接続する方法について

MacまたはLinuxの場合は、オペレーションシステムにターミナルが組み込まれている為、SSHに接続することが簡単です。

ステップ1

単にターミナルを開きます。「アプリケーション」→「ユーティリティ」に行き、「ターミナル」をダブルクリックします。

ステップ2

次に、次の形式のコマンドを入力します。(My Kinstaダッシュボードから直接コピー・貼り付けできます。)

ssh username@hostname -p portnumber

WindowsでSSHキーペアを生成する方法について

ユーザ名とパスワードでSSHに接続することもできますが、SSHキーペアを生成することもできます。SSHキーを使用することにより、サーバーへの接続がより安全になり、パスワードが不要になります。ただし、パスフレーズを追加することで、ログインをさらに保護することができます。

ステップ1

PuTTYgenを起動します。 お持ちでない方は、こちらからダウンロードできます。

ステップ2

デフォルトのパラメータのままで良いはずです。 「生成」をクリックします。

PuTTYキージェネレータ

PuTTYキージェネレータ

ステップ3

次に、マウスを動かし、ランダム性を生み出します。

PuTTYgenにてマウスを動かす

PuTTYgenにてマウスを動かす

ステップ4

パブリックキー(.txt)とプライベートキー(.ppk)の両方を保存します。注:プライベートキーを安全に保存し、誰にも教えないでください。

パブリックキーとプライベートキーを保存する

パブリックキーとプライベートキーを保存する

ステップ5

PuTTYウィンドウを開いたままにし、下記のパブリックキーをMyKinstaに追加する方法の部分に進めてください。

MAC/LinuxでSSHキーペアを生成する方法について

ステップ1

「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル」を起動します。

ステップ2

次のコマンドを使用して、キーを生成します。

ssh-keygen -t rsa

ステップ 3

ここで、プライベートキーを保存する場所を選択するように求められます。空白のままにしておくと、ここに保存されます:

/home/youruser/.ssh/id_rsa

パブリックキー (.PUB)も同じ場所に保存されます:

/home/youruser/.ssh/id_rsa.pub

ステップ4

次に、パスフレーズを選択するように求められます。パスフレーズを使用したくない場合は、空欄のままにしておくことができます。

MyKinstaでSSHキーを追加する方法について

NSSHキーを手に入れましたので、パブリックキーをMyKinstaダッシュボードにアップロードできます。

ステップ1

左下にあるユーザープロファイルをクリックし、「ユーザー設定」をクリックします。

MyKinstaのユーザー設定

MyKinstaのユーザー設定

ステップ2

「新しいSSHキーを追加」をクリックします。

ダウンタイムまたはWordPressの異常に悩んでいますか。Kinstaは時間を節約するために設計されたホスティングソリューションです! 当社のフィーチャーをご確認ください。
SSHキーを追加

SSHキーを追加

ステップ3

ラベルを選択し、パブリックキーを貼り付けます。

  • Windowsをご利用の方は、パブリックキーを直接PuTTYgenからコピーして貼り付けてください。
  • Mac / Linuxをご利用の方は、次のコマンドを使用してパブリックキーを最初にクリップボードにコピーできます:pbcopy < ~/.ssh/id_rsa.pub

パブリックキーを貼り付けた後、「有効なRSAキー」という緑色の確認メッセージが表示されます。次に、「OK」をクリックします。

有効なRSAキー

有効なRSAキー

SSHキーを使用してWindowsでSSHに接続する方法について

ステップ1

PuTTYを起動し、ホスト名(Kinsta IPアドレス)とユニックなポート番号を入力します。

 

Puttyクライアント

Puttyクライアント

ステップ2

「接続」→「データ」で「自動ログインユーザー名」フィールドにKinstaでのユーザー名を入力します。

SSH自動ログインユーザー名

SSH自動ログインユーザー名

ステップ3

「接続」→」SSH」→「認証」で、認証用のプライベートキーファイルを選択します。

SSHプライベートキー

SSHプライベートキー

ステップ4

「セッション」で新しくできた「保存済みセッション」を名を付けて、「保存」をクリックします。 次に、「開く」をクリックします。

SSHセッションを保存する

SSHセッションを保存する

キーの変更に関する下記のセキュリティ警告が表示されることがあります。「はい」をクリックします。

PuTTYセキュリティ警告

PuTTYセキュリティ警告

パスフレーズを設定した場合は、そのパスフレーズを入力する必要があります。

SSHパスフレーズ

SSHパスフレーズ

設定していない場合は、すぐにログインされます。

Kinsta SSH

Kinsta SSH

SSHキーを使用してMAC/LinuxでSSHに接続する方法について

ステップ1

「アプリケーション」→「ユーティリティ」→」ターミナル」を起動します。

ステップ2

保存したプライベートキーをSSHエージェントに読み込むのに、次のコマンドを使用します:

ssh-add /youruser/.ssh/id_rsa

ステップ3

パスフレーズをお持ちの場合は、パスフレーズを入力するよう求められます。

ステップ4

次に、次の形式でコマンドを入力します。(MyKinstaダッシュボードから直接コピー・貼り付けできます。)

ssh username@hostname -p portnumber

備考

接続の際に異常が発生した場合は、SSHパスワードをリセットするか、known_hostsファイルのエントリを削除する必要があります。

229
シェア