WordPressサイトを一般に公開したくない場合があります。たとえば、開発者がウェブサイトを作成している際にクライアントにしかアクセスしてほしくないことがあるでしょう。パスワードで保護は、アクセスを禁止する簡単な手段です。これを行うには、基本的なHTTP認証と呼ばれるものを使用するMyKinstaの.htpasswdツールをご利用いただけます。

以下の手順に従って、サイトでパスワード保護を有効にしてください。

パスワード保護を有効にする方法

当社の.htpasswdツールでは、WordPressの管理画面だけでなく、WordPressサイト全体をパスワードで保護いただけます。このツールは、本番サイトでもステージング環境でも利用可能になっています。

Important

当社のチームにウェブサイトにパスワード保護を追加するように申請した場合、以前のルールがこのツールを上書きします。手動で追加した保護を無効にするには、サポートチームまでお問い合わせください。

ステップ1

MyKinstaダッシュボードにログインします。

ステップ2

パスワード保護を有効にするサイトをクリックします。

ステップ3

左側の「ツール」をクリックします。次に、スクロールダウンして「パスワード保護」の下にある「有効にする」をクリックします。

.htpasswd保護を有効にする

.htpasswd保護を有効にする

ステップ4

認証用のユーザー名とパスワードを指定します。パスワードフィールドの横にあるアイコンを使用して、新しいパスワードを生成してクリップボードにコピーすることも可能です。次に「有効にする」をクリックします。

.htpasswdのユーザー名とパスワード

.htpasswdのユーザー名とパスワード

KinstaではNginxを使用しています。このツールは、Nginx設定に暗号化されたユーザー名とパスワードを保存する隠しファイルを作成します。

ステップ5

次に、WordPressサイトにアクセスしてパスワード保護が正しく機能しているかを確認します。サイトにアクセスしようとすると、以下の画像のような「ログイン」画面が表示され、.htpasswdの認識情報を記入しなければなりません。以下はGoogle Chromeの例です。ツールで設定したユーザー名とパスワードを入力し、「ログイン」をクリックするだけです。

.htpasswdの認証画面

.htpasswdの認証画面

その後、ブラウザのセッションが切れないうちに、WordPressサイトにアクセスできるようになります。

.htpasswd 認証成功

.htpasswd認証成功

認証情報の記入ミスまたはキャンセル

ユーザー名またはパスワードの記入ミスをした場合、「ログイン」画面が再び表示されます。「ログイン」画面が閉じられたかキャンセルされた場合、「401 Authorization Required」メッセージが表示されます。ブラウザは401 のHTTPステータスコードを返します。

Chromeの「Nginx 401 Authorization Required」メッセージ

Chromeの「Nginx 401 Authorization Required」メッセージ

ブラウザによる異なる表示方

ログイン画面は、ご利用のブラウザによって若干異なる場合があります。たとえば、Mozilla Firefoxでは、「認証が必要です」画面が表示されます。

Firefoxの「認証が必要です」画面

Firefoxの「認証が必要です」画面

Safariでは、ログイン画面は次のようになります。

Safariの.htpasswdログイン画面

Safariの.htpasswdログイン画面

認証情報の変更またはパスワード保護の無効化

認証情報の変更を行う、またはパスワード保護の無効にするには、MyKinstaダッシュボード.htpasswdツールに戻って「変更」ボタンをクリックします。

.htpasswdの変更または無効化

.htpasswdの変更または無効化

サイトの一部または特定のページのみをパスワードで保護する場合は、当社のWordPressのパスワード保護に関する詳細なガイドをご参照ください。

さらにサポートが必要な場合は、当社のチームまでのサポートチケットをお開きください。対応いたします。


このチュートリアルが面白かった方なら、当社のサポートも大好きでしょう。Kinstaのすべてのホスティングプランには、ベテランのWordPress開発者とエンジニアによる24時間365日のサポートが付いています。フォーチュン500のお客様をサポートしているチームとチャットしませんか。当社のプランをご確認ください。