自分でサイトの移行を行いたい。そんな時もあるはずです。機密データがある、またはやりとりを省いて今すぐ着手したい、などの理由が挙げられます。Kinstaへサイトを自力で移行する際には、無料のWordPress Duplicatorプラグインをお勧めします。そこで、今回はその手順を詳しくご紹介しましょう。

ただし、WordPressサイトの中には一部Duplicatorと完全な互換性がないものも。当社カスタマーサポートでは、サイト移行に関する基本的なご質問にはいつでも喜んでお答えいたします。しかし、お客様ご自身で行った移行が失敗してしまった場合は当社のサポート範囲外となり、対応致しかねますので予めご了承ください。

Kinstaの全てのプランには1件のサイト、もしくは複数のサイトの無料移行サービスが含まれています。データの互換性が心配な方は是非当社のご用意している専門の移行サービスをご利用ください。プラン外の追加でのサイト移行サービスは1回につき100ドルで承ります。また、サイト一括移行の料金もご用意しております。

Duplicatorを用いたサイト移行の概要

Duplicatorでは2つのファイルが生成されます。1つ目は全てのファイルとデータベースが含まれるzipファイル。2つ目は、アーカイブを利用してサイトを復元するためのinstaller.phpファイル。

アーカイブファイルを作成し、アーカイブファイルとinstaller.phpファイルのダウンロードが完了したら、これら2つのファイルを新しいKinstaレンタルサーバー上のサイトにアップロード。Kinstaの一時URLを利用しinstaller.phpにアクセスします。

次にDuplicatorの画面に従い、復元を進めます。新しいデータベース接続情報の入力が求められます。MyKinstaダッシュボード内「情報」タブにあるデータベースアクセスに関する情報をコピーして貼り付けましょう。

その後、プラグインによりwp-config.phpファイルがアップデートされ、データベース内のURLがKinstaの一時URL(example.kinsta.cloudなど)に上書きされます。URLが上書きされることで、実際に本番サイトをKinstaには紐付けずに、Kinstaのサーバーを利用してサイトをテスト表示することができます(本番サイトの紐付けは、最後にサイトが問題なく移行されたことをお客様が確認してから行います。その際に、URLの上書きを無効にし、データベース内の一時URLを本番サイトのURLに置き替えます)。

サイト移行の準備

マルチサイトを移行

WordPressマルチサイトネットワークを移行する場合、注意すべき点がいくつかあります。サブディレクトリのマルチサイトを移行する場合、サブディレクトリのマルチサイト向けのNginx設定を有効化するために、あらかじめKinstaのカスタマーサポートにお問い合わせいただく必要があります。

また、WordPressマルチサイト移行に関するWordPress Duplicatorプラグインのドキュメンテーションをご参照ください。Duplicatorのドキュメンテーションに記載の説明とは別に、次の手順にも従う必要があります。

現在お使いのレンタルサーバーでバックアップを作成

現在お使いのレンタルサーバーでサイト全体のバックアップを作成する方法がある場合、サイトの移行に着手する前に、そちらを利用しましょう。移行プロセス自体は本番サイトに一切影響を与えないものですが、バックアップを作成しておくに越したことはありません。

現在お使いのレンタルサーバーでサイト全体のバックアップ作成ができない場合は、この手順はスキップしても問題ありません。

Kinstaでサイトを作成

移行に備えて、Kinstaアカウントで新しいサイトを作成します。MyKinstaダッシュボードから「サイトサイトを追加する」をクリックし、忘れずに「WordPressをインストールしない」を選択しましょう(お客様の既存のWordPressサイトを移行するため、WordPressを改めてインストールする必要はありません)。

重要:「独自ドメイン」は選択しないでください。

Kinstaでサイトを作成

Kinstaでサイトを作成

アーカイブを作成

次に、Duplicatorプラグインを使用して現在のサイトのアーカイブを作成します。ここでは、WordPress Duplicatorプラグインをサイトにインストールし、全てのファイルやデータベースが含まれるアーカイブのパッケージを作成し、アーカイブとinstaller.phpファイルをダウンロードする方法をご説明します。

キャッシュプラグインを無効化

キャッシュは移行中に問題を引き起こすことがあるため、Kinsta移行に向けたアーカイブを作成する前にキャッシュ系プラグイン(AutoptimizeW3 Total Cacheなど)は無効化しておきましょう。禁止プラグインの一覧もあらかじめご参照ください。

Duplicatorプラグインをインストール/有効化

移行したいサイトのWordPress管理画面から「プラグイン新規追加」をクリックし、「Duplicator」を検索します。「Duplicator – WordPress Migration Plugin」をインストールし、有効化します。

WordPress Duplicatorプラグインをインストール

WordPress Duplicatorプラグインをインストール

サイトアーカイブを作成

Duplicatorプラグインを有効化したら、「DuplicatorPackages」をクリック、そして「Create New」からアーカイブのパッケージを作成します。

画面の指示に従い、3つの手順を進め、アーカイブパッケージを作成します。大抵の場合、デフォルトの設定で問題ないはずです。

WordPress Duplicatorで新たなパッケージを作成する

WordPress Duplicatorで新たなパッケージを作成する

「Installer」の項目で、パスワード保護を有効にする(「Enable Password Protection」にチェックを入れる)ことを強くお勧めします。

WordPress Duplicatorインストーラーパスワード

WordPress Duplicatorインストーラーパスワード

アーカイブとインストーラーファイルをダウンロード

アーカイブパッケージの作成が完了したら、アーカイブファイルとインストーラーファイルの両方をローカルコンピューターにダウンロードします。この次の手順では、これらのファイルを新しいKinstaのサイトにアップロードすることになります。

アーカイブとインストーラーファイルをダウンロード

アーカイブとインストーラーファイルをダウンロード

アーカイブを復元

アーカイブとインストーラーファイルをKinstaに移行

次は、アーカイブパッケージとインストーラーファイルをSFTP(SFTPの使い方もあわせてご覧ください)経由で新たなKinstaサイトにアップロードします。ファイルはいずれも「public/」ディレクトリにアップロードしましょう。「public/」ディレクトリは空になっているはずです。空でない場合、既に別のWordPressがインストールされている可能性がありますので、その場合、アーカイブをアップロードし復元する前に、既存のWordPressファイルを削除する必要があります。

アーカイブとインストーラーファイルをサーバーにアップロード(SFTPを使用)

アーカイブとインストーラーファイルをサーバーにアップロード(SFTPを使用)

アーカイブの復元

アーカイブファイルとインストーラーファイルのアップロードが完了したら、Kinstaの一時URLを使用して、ブラウザからinstaller.phpを開きDuplicatorインストーラーを実行します。Kinstaの一時URLはMyKinstaダッシュボード内のサイトの「ドメイン」タブをご覧ください。

この例では、一時URLは「example.kinsta.cloud」なので、開くべきインストーラーファイルのURLは「http://example.kinsta.cloud/installer.php」です。

WordPress Duplicatorプラグインのデプロイ

WordPress Duplicatorプラグインのデプロイ

Duplicatorの2つ目の手順では、新しいKinsta上のサイトのデータベース情報を入力します。Kinstaで管理するサイトのデータベースアクセス情報はMyKinstaダッシュボード内「情報」タブからご確認いただけます。

Kinstaのデータベースアクセス情報

Kinstaのデータベースアクセス情報

Test Connection」ボタンをクリックし、Duplicatorのフォームに正しいデータベースアクセス情報を入力したことを確認してから、「Next」ボタンをクリックし、復元の手順を開始します。

WordPress Duplicatorプラグインでデータベースをインストール

WordPress Duplicatorプラグインでデータベースをインストール

Duplicatorの3つ目の手順では、Kinstaの一時URLが使用されるようデータベースが書き換えられます。この手順により、移行が完了した際にサイトにログインし、テスト表示することができます。既存のサイトがSSL(HTTPS)を使用している場合、「URL」の欄の一時URLが「https://」を含む形で書き換えられていることをご確認ください。

WordPress Duplicatorプラグインでデータを更新

WordPress Duplicatorプラグインでデータを更新

Duplicatorの全ての手順が完了したら、「Site Login」ボタンをクリックし、サイトにログインします。

WordPress Duplicatorプラグインでサイトをテスト

WordPress Duplicatorプラグインでサイトをテスト

重要:転送先のログインページに本番サイトのURLではなく、Kinstaの一時URLが表示されていることをご確認ください。本番サイトのURLになっていると、移行したデータベースの情報が、本番サイトに紐付けられたままになる可能性が高く、手動で置換しなければならなくなります。

Kinstaの一時URLにログイン

Kinstaの一時URLにログイン

問題がなければ、ログイン時に移行が成功したことを示すメッセージが表示されるはずです。

WordPress Duplicatorによるサイトの移行が完了

WordPress Duplicatorによるサイトの移行が完了

アーカイブファイルを削除

Kinstaでのサイトの復元が完了したら、セキュリティの観点からDuplicatorのアーカイブとインストーラーファイルを削除することをお勧めします。削除しないでおきたい方は、一時的に「public/」ディレクトリから「private/」ディレクトリへ移動しましょう。「public/」ディレクトリから削除、または移動すべきファイルは次の通りです。

  • installer-backup.php
  • installer.php
  • database.sql
  • installer-data.sql
  • *_archive.zip

DNSを更新する前にサイトをプレビュー

ここまでの手順が完了すると、Kinstaの一時URL(http://example.kinsta.cloud/など)を使用してサイトをテスト表示できるはずです。

次の手順では実際のドメイン(http://example.com/など)を使用してサイトをテストします。この操作には2つのステップがあります。まず、MyKinstaでサイトにwww版と非www版のドメインを追加し、次に、そのドメインをhostsファイル内のKinsta IPに紐付けます。

ステップ1: Kinstaにドメインを追加

Nginxウェブサーバーが認識できるように、サイトの「ドメイン」タブからドメインを追加する必要があります。「No Site for this Domain」というメッセージが表示される場合、サーバーがドメインを認識できていません。

サイトの「ドメイン」タブから、ドメインの「www版」と「非www版」(例:「www.example.com」と「example.com」)両方を追加します。そして、お好きな方をプライマリドメインに設定してください。

Kinstaの特定のサイトにおけるドメイン一覧画面

Kinstaの特定のサイトにおけるドメイン一覧画面

ステップ2: データベース内でURLを更新

次にWordPressデータベース内で検索と置換を行い、WordPressでKinstaの一時ドメインではなく、実際のドメインが使用されるようにします。

WordPressデータベースで検索と置換を行う方法はいくつかありますが、MyKinstaの「サイト」>「ツール」タブにある「検索と置換」機能を利用することをお勧めします。詳しい手順は「WordPressで検索と置換をする方法」をご覧ください。

WordPressの検索と置換

WordPressの検索と置換

ステップ3: サイトでSSL(HTTPS)を使用している場合

既存のサイトでSSL(HTTPS)を使用している場合、Kinstaサイトに自分で用意したSSLをインストールするか、DNSをKinsta IPアドレスに紐付けて、無料SSL証明書Let’s Encryptを生成するまで、本番ドメインを使用してHTTPSでサイトをプレビューすることはできませんのでご注意ください。無料SSL証明書Let’s Encryptを発行するにはドメインがKinsta IPに紐付けられている必要があります。

.crt.keyファイルを用いた別のSSLを取得している場合、該当するサイトの「ツール」>「SSL証明書」から、次のステップにある手順に従うことで、SSLでサイトをプレビューできます。

現在のサイトでLet’s EncryptのSSL証明書を利用している場合、Kinsta側でLet’s EncryptのSSL証明書を発行する必要がありますが、ドメインがKinstaのIPアドレスに紐づいていることが発行の条件であり、紐付けはサイトのテストを行った後でなければできません。

SSL証明書を取得しておらず、Let’s EncryptのSSL証明書も発行できない場合、2つの選択肢があります。1つ目は、そのまま進め、DNSをKinstaのIPアドレスに紐づける方法です。ただし、DNSの設定後、更新が反映されLet’s EncryptのSSL証明書が発行されるまで、訪問者にはSSLの警告が表示されますのでご注意ください。

サイトでCloudflareやSucuriなどのプロキシサービスもしくはWAFを利用している場合、Let’s EncryptのSSL証明書発行のための追加の推奨される手順を実行しましょう。

2つ目の選択肢は、検索と置換機能を利用して、データベース内のURLを「http://」に書き換え、サイトが「https://」ではなく「http://」で読み込まれるようにする方法です。その後、DNSを設定、Let’s EncryptのSSL証明書を発行し、再び検索と置換によりドメインを「https://」に書き換えます。

ステップ4: hostsファイルを更新

WordPressデータベースが正しいドメインに更新されたらhostsファイルを利用してドメインをサイトのKinsta IPアドレスに紐付けます。

hostsファイル更新後にも、ドメインが元のレンタルサーバーに紐づいている場合には、お使いの端末のDNSのキャッシュとブラウザのキャッシュを削除してみてください。

DNSを更新

ドメインをKinstaに紐づける準備ができたら、ドメインとKinsta IPアドレスの接続のためにDNSを更新します。手順は次の記事をご参照ください。

Kinstaの必須プラグインをインストール

Kinstaの必須プラグインは、Kinstaを使い作成したWordPressサイトに自動的にインストールされます。しかし、お客様ご自身でサイトを移行された場合、Kinstaの必須プラグインを手動でダウンロード/インストールする必要があります。必須プラグインにはフルページキャッシュやKinsta CDNを展開するための機能などが含まれます。

ステップ1: プラグインをダウンロードしzipを解凍

まずKinstaの必須プラグインをダウンロードし解凍します。

ステップ2: サイトにアップロード

次にSFTPでサイトに接続し、kinsta-mu-pluginsフォルダとkinsta-mu-plugins.phpファイルを/wp-content/mu-plugins/ディレクトリにアップロードします。

Kinstaの必須プラグイン

Kinstaの必須プラグイン

/wp-content/mu-plugins/ディレクトリが存在しない場合、新たに作成してから上記のファイルとフォルダをそこにドロップします。

必須プラグインフォルダ

必須プラグインフォルダ


時間とコストを節約し、サイトパフォーマンスを最大化します。

  • 24時間年中無休でお問い合わせいただけるWordPressホスティングの専門家からの即座なサポート。
  • Cloudflare Enterpriseとの統合。
  • 世界各地に設置された28カ所のデータセンターでグローバルなオーディエンスに対応。
  • アプリケーションのパフォーマンス監視機能を使った最適化。

長期契約は必要ではありません。サーバー移行のサポート、30日間の返金保証など、さまざまなサービスを提供しております。お客様に最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。または、当社のプランをご確認ください。