場合によっては、ウェブサイトが移行されても、お客様の方でタイムリーの立ち上げができない場合があります。お客様が当社のサーバー上での稼働準備が整ったときに、ウェブサイトが他社でホスティングされている間に加えられた変更点を反映するように、ウェブサイトを更新する必要があります。

この場合には2つの選択肢があります。

変更点を手動で移行する

一つ目の選択肢は、自分で変更点を移行することです。やり方は少なくとも3つあります。

  • WordPressとウェブサイトのプラグインに組み込まれているコンテンツのエクスポート・インポート機能を使用して、以前のホスティング会社からコンテンツをエクスポートし、Kinstaにインポートします。それから、必要に応じて新しいプラグインやテーマをインストールし、テーマ、プラグイン、そしてWordPressコアのアップデートを実施ます。
  • WordPressウェブサイトの移行に使用できるバックアッププラグインおよびマイグレーションプラグインは数多くあります。当社のプラットフォーム上でバックアップをバックアッププラグインで取ることは許可されていませんが、慣れ親しんだバックアッププラグインやマイグレーションプラグインがある場合は、それを使用してウェブサイトの新しいコピーを移行していただいても構いません。
  • SFTPまたはSSHを使用して、変更後のファイルを当社のサーバーにコピーしてます。次に、本番サイトのデータベースの新しいダンプを使用して、phpMyAdminまたはSSHを使用してインポートします。このプロセスの詳細については、当社の記事「WordPressを自分で移行する方法」をご参照ください。

このプロセスを開始する前に、最初のマイグレーション後にKinstaのサーバー上で該当のウェブサイトに加えられた変更をメモしておくことが重要です。移行の手段にもよりますが、お客様が最初のマイグレーション後にWordPressの設定を変更したり、ファイルを変更したり、Kinstaでプラグインやテーマを追加または削除したりした場合、ウェブサイトを2回目に移行したときにそれらの変更が上書きされることがあります。

2回目のマイグレーションをKinstaに申請する

自信のない方は、Kinstaに支援を依頼することができます。

1回目のマイグレーション後1週間以内に、更新されたファイルをコピーしてデータベースの新しいコピーをインポートするだけです。処理中には、本番サイトがメンテナンスモードに入る場合がありますので、ご了承ください。マイグレーション後1週間以内のワンタイム同期処理の料金は50ドルです。利用可能な無料のマイグレーションクレジットがある場合は、無料のマイグレーションクレジットも使用いただけます。

1回目のマイグレーション後に1週間以上も経った場合、マイグレーションは完全に新しいマイグレーションとして処理される可能性が高いです。この場合の料金は100ドルになります。利用可能な無料のマイグレーションクレジットがある場合は、無料のマイグレーションクレジットも使用いただけます。


このチュートリアルが面白かった方なら、当社のサポートも大好きでしょう。Kinstaのすべてのホスティングプランには、ベテランのWordPress開発者とエンジニアによる24時間365日のサポートが付いています。フォーチュン500のお客様をサポートしているチームとチャットしませんか。当社のプランをご確認ください。