Kinstaではご利用のプラン、お客様のWordPressサイトの性質、移行するサイトの数などにより、複数種類のサイト移行サービスの中からご利用いただけます。ここでは、プレミアム・標準サイト移行サービスの申請方法、追加のサイト移行サービス枠の購入方法、一括サイト移行の料金など、KinstaのWordPressサイト移行サービス全般をご紹介いたします。

自分でサイトを移行する方法

WordPressサイトのサイト移行をご自身で行いたい方もいるかもしれませんので、まずはその方法から。自力でのサイト移行には、例えば以下の理由が考えられます。

  • 開示したくない機密データがある
  • 当社と日程を調整することなく、すぐにサイトを移行したい

サイト移行をご自身で行う場合には、以下の記事をご参照ください。

注)経験をお持ちでない状態で、規模の大きなウェブサイトをご自身で移行されると、データの損失が起こる危険性があります。Kinstaの技術スタッフにサイト移行を任せるのが得策です。専門のエンジニアが対応しますので、通常、サイト移行時にダウンタイムは発生しません。サイト移行後の状態の確認もサポートいたします。したがって、できるかぎり無料の(プランごとに利用枠が異なります)プレミアムサイト移行サービスのご利用をお勧めします。

無料のプレミアムサイト移行を申請する方法

Kinstaの全てのプランに、無料のプレミアムサイト移行サービス利用枠(クレジットとも)が最低1つ付帯します。(各プランで利用できる回数についてはプランの一覧をご参照ください)プレミアムサイト移行枠(クレジット)1つにつき、プレミアムサイト移行サービスをどのホスティング会社からも無料で1回申請できます。

Important

移行サービスを申請できるユーザーは「企業の管理者」に限られています。MyKinstaで設定いただけるユーザー役割についてはこちらをご覧ください。

「プレミアムサービス」とは、特殊な(または標準サイト移行サービス対象外の)ウェブサイトを対象とした移行サービスです。たとえば、動的に変化するウェブサイト(ECサイト、会員制サイトなど)やリバースプロキシを使用するウェブサイトなど。上述のサイトでは、多くの場合、データ損失を回避するために、慎重に予定を組み、メンテナンスモードに切り替えてから細かな設定を行う必要があります。

たくさんのWordPressサイトをお持ちの方向けに、一括サイト移行料金もご用意しています。

MyKinstaダッシュボードからプレミアムサイト移行サービスを申請するには、画面左側の「移行申請」をクリックしてください。すると、ご利用いただけるプレミアムサイト移行サービスのクレジット数が表示されます。プレミアムサイト移行クレジットをお持ちの方には「プレミアムサイト移行を申請する」ボタンも表示されます。なお、規定の利用枠を超えてプレミアムサイト移行サービスをご利用頂く場合、1回ごとの料金は100ドルとなっています。ご利用頂くと、次回の請求書に自動的に反映されます。

「プレミアムサイト移行を申請する」をクリックして次に表示されるフォームに必要な情報をご入力ください。

プレミアムWordPressマイグレーションの申請

プレミアム移行サービスを使用しWordPressサイトを移行する

ステップ1

まずは、以下にあるように、必要な情報をご用意いただきます。

  • 現在お使いのレンタルサーバー
  • ウェブサイトのセットアップ情報
  • 接続に関する情報
  • 任意でのHTTPSやデータセンターの設定
  • (無料移行枠外であれば)お支払い情報

サイト移行実施にあたり、パスワードのご入力もお願いいたします。Kinstaはお客様のプライバシーを大切しております。申請フォームの内容はSSLで暗号化され、移行完了時には、ご提供いただいたパスワードデータはすべて破棄されます。サイト移行中に、元のウェブサイトに変更を加えることは一切ございません。ウェブサイトは、サイト移行中にもサイト移行後にも、正常に機能します。サイト移行の開始、完了について、通知にてご連絡差し上げます。「はじめに」の内容を理解したら「次へ」をクリックします。

マイグレーションの概要

サイト移行の概要

ステップ2

次のページでは、現在お使いのレンタルサーバーの情報をご入力いただきます。例えばレンタルサーバー名、サーバーパネルのログインURL、ユーザー名、パスワードなどです。以下の例では、WP Engineを使用しています。「次へ」をクリックします。

ホストの情報

レンタルサーバーの情報

一部のレンタルサーバーからの移行の場合は、FTP、SFTP、認証情報も記入していただきます。これらの情報はお客様の現在のレンタルサーバーののコントロールパネルに記載されています。ご不明な点がございましたら、現在のレンタルサーバー会社に連絡するか、Kinstaのサポートチームまでお問い合わせください。

例えば、cPanelをご利用の場合、ユーザー名とサーバー情報は、「ユーザーエリア」 → 「マイアカウント」 → 「情報と設定」に記載されています。FTPアカウント情報は、「ファイル」 → 「FTPアカウント」にあります。

レンタルサーバーの情報を入力した後、「次へ」をクリックします。

ステップ3

次のページでは、お客様のドメイン、WordPressログイン情報、そしてウェブサイトがECサイトやコミュニティサイトであるか、HTTPS接続を使用しているか、マルチサイトであるか、などの追加のオプションを設定します。WooComerceなど非常に動的なサイトをお持ちの方は、Kinstaへの動的なサイトの移行に関する方針をご確認ください。「次へ」をクリックします。

WordPressウェブサイトの情報

WordPressサイトの情報

ステップ4

次のページでは、サイト名前を指定します。このサイト名はお客様のサイトに永久的に関連付けられ、移行後に変更することはできません。

Kinstaの設定

Kinstaの設定

データセンターの選択もここで行います。Kinstaでは27 カ所のデータセンターからお好きなものをお選びいただけます。最後に、HTTPSリダイレクトまたは特別な.htaccessルールやNginxルールなど、ウェブサイト移行中に行うべき特別な設定や、該当する場合にはその他の特記事項があれば、ご提供いただきます。「次へ」をクリックします。

ステップ5と6

次のページでは、入力内容の確認をしていただきます。

最後のページでは、利用可能なプレミアムサイト移行クレジット数が表示されます。利用可能なクレジットがない場合は、お支払い情報もご入力いただきます。安全にお支払いができるように一回限りのパスワードを用いた2FA認証(二要素認証)画面に遷移します。

準備ができたら、「完了」をクリックします。

マイグレーションを完了する

サイト移行の申請を完了する

サイト移行関連情報をお送りいただいてから、Kinstaの担当者より、サイト移行の予定調整のためにお客様にご連絡差し上げます。未完のサイト移行につきましては「移行申請」画面に表示され、その状況をいつでもご確認いただけます。これに加えて、適宜、当社スタッフからも進捗状況をご報告いたします。

未実行のWordPressマイグレーション

調整中のWordPressサイト移行

無料の標準サイト移行を申請する方法

以下にあるレンタルサーバーからのお引っ越しである限り、無料かつ無制限で標準サイト移行サービスをご利用いただけます。

お持ちのWordPressサイト数が1件であっても、50件であっても問題ございません。Kinstaへの移行を当社のサイト移行チームにお任せください。

標準サイト移行サービスにおける制限

  • WordPressの標準的なサイトのみが対象となります。マルチサイトやWP EngineのLargeFSを使用するサイトは対象外です。
  • 可能な限り早急にサイト移行を完了いたしますが、最大2営業日ほどかかる場合がございます。サイト移行処理により多くの時間が必要とされる場合には、お客様からご申請をいただいた際にお伝えします。
  • よく変更されるサイト(ECサイト、会員制サイトなど)では、データの損失を避けるために、サイトをメンテナンスモードにして、以降の時間を詳しく微調整することが必要になることがあります。メンテナンスモードや移行時間の調整が必要なサイトは、本キャンペーンの対象外となりますので、プレミアム移行を申請してください。
  • リバースプロキシなどの複雑な要件(BedrockやTrellisなど)を必要とするサイトは、本キャンペーンの対象外となりますので、プレミアム移行を申請してください。
  • .htaccessファイルまたは以前にお使いのレンタルサーバーのコントロールパネルから追加されたリダイレクトルールは、標準サイト移行サービスにより移行されませんのでご注意ください。サイト移行の際にリダイレクトルールを追加するには、Kinstaのリダイレクトツールをご利用ください。
  • 2段階のサイト移行(テストとしてのサイト移行、そして、本番としてのサイト移行)が必要になることがございます。この場合には、1回目のテストとしてのサイト移行は標準サイト移行サービス(無料)の対象となりますが、ウェブサイトが実際に移行される2回目のサイト移行には料金が発生しますので予めご了承ください。
  • WordPressの管理画面のログイン情報しか提供できない(レンタルサーバーのダッシュボードやSSHアクセスの情報のない)サイトは、プレミアム移行の対象となります。

MyKinstaダッシュボードから標準サイト移行を申請するには、画面左側にある「移行申請」へと進み、「標準サイト移行を申請する」をクリックしてください。

標準WordPressマイグレーションの申請

標準サイト移行でWordPressサイトを移行する

ステップ1

まずは、以下にあるように、必要な情報をご用意いただきます。

  • 現在お使いのレンタルサーバー
  • ウェブサイトのセットアップ情報
  • 接続に関する情報
  • 任意でのHTTPSやデータセンターの設定
  • (無料移行枠外であれば)お支払い情報

サイト移行実施にあたり、パスワードのご入力もお願いいたします。Kinstaはお客様のプライバシーを大切しております。申請フォームの内容はSSLで暗号化され、移行完了時には、ご提供いただいたパスワードデータはすべて破棄されます。サイト移行中に、元のウェブサイトに変更を加えることは一切ございません。ウェブサイトは、サイト移行中にもサイト移行後にも、正常に機能します。サイト移行の開始、完了について、通知にてご連絡差し上げます。「はじめに」の内容を理解したら「次へ」をクリックします。

標準マイグレーションの概要

標準サイト移行の概要

ステップ2

次のページでは、現在お使いのレンタルサーバーの情報をご入力いただきます。例えばレンタルサーバー名、サーバーパネルのログインURL、ユーザー名、パスワードなどです。以下の例では、WP Engineを使用しています。「次へ」をクリックします。

ホストの情報

レンタルサーバーの情報

一部のレンタルサーバーからの移行の場合は、FTP、SFTP、認証情報も記入していただきます。これらの情報はお客様の現在のレンタルサーバーののコントロールパネルに記載されています。ご不明な点がございましたら、現在のレンタルサーバー会社に連絡するか、Kinstaのサポートチームまでお問い合わせください。

ダウンタイムまたはWordPressの異常に悩んでいますか。Kinstaは時間を節約するために設計されたホスティングソリューションです!当社のフィーチャーをご確認ください。

例えば、cPanelをご利用の場合、ユーザー名とサーバー情報は、「ユーザーエリア」 → 「マイアカウント」 → 「情報と設定」に記載されています。FTPアカウント情報は、「ファイル」 → 「FTPアカウント」にあります。

レンタルサーバーの情報を入力した後、「次へ」をクリックします。

ステップ3

次のページでは、お客様のドメイン、WordPressログイン情報、そしてウェブサイトがHTTPS接続を使用しているかなどの情報を記入します。情報を記入した後、「次へ」をクリックします。

WordPressウェブサイトの情報

WordPressサイトの情報

 

ステップ4

次のページでは、サイト名前を指定します。このサイト名はお客様のサイトに永久的に関連付けられ、移行後に変更することはできません。

Kinstaの設定

Kinstaの設定データセンターの選択もここで行います。Kinstaでは27 カ所のデータセンターからお好きなものをお選びいただけます。最後に、HTTPSリダイレクトまたは特別な.htaccessルールやNginxルールなど、ウェブサイト移行中に行うべき特別な設定や、該当する場合にはその他の特記事項があれば、ご提供いただきます。「次へ」をクリックします。

ステップ5と6

次のページでは、入力内容の確認をしていただきます。

最後のページでは、該当のウェブサイトが、無料の標準サイト移行の要件を満たしているかを再度ご確認いただきます。そうでない場合は、プレミアムサイト移行をご申請ください。準備ができたら、「完了」をクリックします。

標準マイグレーションを完了する

標準サイト移行の申請を完了する

サイト移行関連情報をお送りいただいてから、Kinstaの担当者より、サイト移行の予定調整のためにお客様にご連絡差し上げます。未完のサイト移行につきましては「移行申請」画面に表示され、その状況をいつでもご確認いただけます。これに加えて、適宜、当社スタッフからも進捗状況をご報告いたします。

未実行のWordPressマイグレーション

調整中のWordPressサイト移行

サイト移行に関するその他の注意事項

  • プランに含まれる無料のサイト移行枠を使い切った場合、サイト移行毎に100ドルがかかります。
  • WordPressコアファイルとディレクトリ構造が変更されている、高度にカスタマイズされたWordPressサイトの場合、移行をお引き受けできないことがございます。
  • ウェブサイトによっては、.htaccessを大量に使用し、複雑なリダイレクトとURIマスキングルールが適用されていることがあります。当社スタッフが単純なリダイレクトの設定を承りますが、サイトの.htaccessファイルに複雑なルールが含まれている場合は、お客様ご自身で、開発者と協力し、これをNginx形式に変換の上、変換後のルールを当社スタッフまでお送りいただきます。
  • DNSの設定とサードパーティサービスの設定は、サイト移行サービスには含まれておりません。これについては、ご自身での処理をお願いいたします。お客様ご自身での作業として、DNSレコードのKinsta DNSへの移行、CloudflareまたはSucuriのセットアップ、お使いのレジストラでのAレコードやネームサーバーの変更・更新、メールサービスの設定などが挙げられます。
  • 場合によっては、ウェブサイト移行サービスを利用しても、適時に公開できないことがあります。Kinstaサーバー上でサイト公開の準備ができたとき、すでに移行前のサイトに変更が加えられている可能性があります。このような変更を、Kinstaサーバー上での新しいサイトに反映することはお客様ご自身での作業となりますので、予めご了承ください。2回目のサイト移行の申請についてはこちらをご参照ください。

WordPress.comサイトの移行

WordPress.comについては、サイトのファイルやデータベースへのアクセスが許可されないため、通常のサイト移行はいたしかねます。投稿、固定ページ、コメント、メタタグなどのWordPressコンテンツをエクスポートし、Kinstaプラットフォーム上に新しいWordPressサイトを構築した上で、そこにインポートすることのみ可能です。

上記には、ご利用中のWordPressテーマ、プラグイン、またはWordPress.comで行ったその他のカスタマイズの移動は含まれません。そのため、ウェブサイトの見た目はWordPress.comの見た目と異なる場合がありますので、ご注意ください。

移行後には、見た目が完全に一致するように、お客様ご自身で、または開発者の力を借りて、テーマやプラグインを再インストールし、WordPress.comで行ったカスタマイズを再現する必要がございます。

サイト移行後の流れ

Kinstaのサイト移行チームにより、Kinstaインフラストラクチャへのサイト移行が完了した際には、お客様に通知が届きます。その後、お客様のウェブサイトが当社のインフラ上で正常に機能するために、お客様により以下を行っていただきます。

  1. ウェブサイトが適切に稼働しているかどうか確認する
  2. ドメインのDNSレコードを更新する

このチュートリアルが面白かった方なら、当社のサポートも大好きでしょう。Kinstaのすべてのホスティングプランには、ベテランのWordPress開発者とエンジニアによる24時間365日のサポートが付いています。フォーチュン500のお客様をサポートしているチームとチャットしませんか。当社のプランをご確認ください。