Kinstaではご利用のプラン、お客様のWordPressウェブサイトの特徴、移行しようとするウェブサイトの数などにより異なる複数種類のマイグレーションサービスをご利用いただけます。を提供します。ウェブサイトの無料のプレミアムマイグレーションや標準マイグレーションの申請方法をはじめ、追加のマイグレーションの購入方法、一括マイグレーションの料金などKinstaのWordPressマイグレーションをご紹介いたします。

マイグレーションを自分で行う方法について

WordPressウェブサイトのマイグレーションをご自分で行いたい方もいるかもしれませんので、まずご自分で実行するマイグレーションについて一言を述べます。理由は例えば下記があります。

  • 開示したくない機密データがあります。
  • 当社と調整するのではなく、すぐにマイグレーションしたいと考えています。

マイグレーションをご自分で行っても、心配する必要はありません。こちらに詳細なチュートリアルがあります:

注:規模の大きいウェブサイトをご自分でマイグレーションしようとするときに、経験をお持ちでないとデータの損失が起こるまたは完全に失敗する場合があります。Kinstaの専門チームにマイグレーションを任せるのは安全です。あなたのウェブサイトのKinstaへの移動は普段ダウンタイムを起こしませんし、マイグレーションしたウェブサイトの立ち上げ前の確認もKinstaがサポートいたします。したがって、無料のプレミアムマイグレーションをご利用することをお勧めします。

無料のプレミアムマイグレーションを申請する方法について

当社の各プランは無料のプレミアムマイグレーションクレジットを1つ以上含めています。(各プランのクレジット数についてはプランの一覧をご参照ください。)プレミアムマイグレーションクレジットを1つ使用することにより、1つのプレミアムマイグレーションを無料で申請できます。

プレミアムとは、複雑な要件のあるウェブサイトといいます。たとえば、継続的に変化するウェブサイト(電子商取引サイト、会員制サイトなど)やリバースプロキシを使用しているウェブサイトのことす。上記のウェブサイトの中には、データ損失を回避するために慎重に予定を組んで、メンテナンスモードに切り替えてから追加の設定を行うことを必要とするウェブサイトが多いです。

多くのWordPressウェブサイトをお持ちの方には、一括マイグレーション料金もご用意しています。

MyKinstaダッシュボードからプレミアムマイグレーションを申請するには、左側の「マイグレーション」を起動するだけです。そこで利用可能なプレミアムマイグレーションクレジットの数が表示されます。プレミアムマイグレーションクレジットをお持ちの方には「申請」オプションも表示されます。追加のマイグレーションの料金は100ドルで、次の請求書に自動的に追加されます。

「プレミアムマイグレーションの申請」をクリックして申請書をご記入ください。

プレミアムWordPressマイグレーションの申請

プレミアムWordPressマイグレーションの申請

ステップ1

下記のような、サポートチームが必要とする情報を記入いただきます。

  • 既存のホストの情報
  • ウェブサイトの設定情報
  • 接続の情報
  • オプションのHTTPSやデータセンター設定
  • 追加のマイグレーションが要求された場合はお支払い情報

移行を実行できるように、いくつかのパスワードも記入いただきます。当社はお客様のプライバシーを大切しております。申請書はSSLで暗号化されており、移行が完了したら、受け取ったすべてのパスワードを破棄します。マイグレーション中に元のウェブサイトを変更することは一切ありません。それに、ウェブサイトはマイグレーション中にもマイグレーション後にも正常に機能します。マイグレーションの開始についても完了についてもご連絡いたします。スタートするには「次へ」をクリックします。

マイグレーションの概要

マイグレーションの概要

ステップ2

次のページでは、既存のホストの情報を記入いただきます。ホストの情報は例えばホストの名前、ホスティングパネルのログインURL、ユーザー名、パスワードなどです。 以下の例では、WP Engineを使用しています。「次へ」をクリックします。

ホストの情報

ホストの情報

ステップ3

次のページでは、お客様のドメイン、WordPressの認証情報、そしてウェブサイトが電子商取引サイトやコミュニティサイトであるか、HTTPSを使用しているか、マルチサイトであるかなど追加の設定オプションを記入いただきます。WooComerceなど非常に動的なウェブサイトをお持ちの方は、Kinstaの非常に動的なウェブサイトのマイグレーションの方針についてこちらをご参照ください。「次へ」をクリックします。

WordPressウェブサイトの情報

WordPressウェブサイトの情報

ステップ4

次の画面では、SFTPやSSHログイン情報などの現在のホストへの接続情報を記入いただきます。内容がわからない方は、現在のホストに情報を提供してもらってください。「次へ」をクリックします。

接続情報

接続情報

FTP、SFTP、SSHなどの接続情報は通常、現在のホスティングプロバイダのコントロールパネルにあります。詳細がわからない方は、現在のホストまたはKinstaの顧客サポートチームにお問い合わせください。

たとえばcPanelをご利用の場合、ユーザー名とホスティングサーバーの詳細は、ユーザーエリア→マイアカウント→情報と設定ページに表示されます。FTPアカウント情報は、ファイル→FTPアカウントのにも表示されます。

ステップ5

次のページでは、強制HTTPSまたは特別な.htaccessのルールやNginxのルールなどウェブサイトの移行中に行うべき特別な設定やその他のご指摘事項があれば、記入いただきます。

ウェブサイトの地理的なホスティング場所も選択します。Kinstaでは20 カ所のデータセンターが利用可能です。「次へ」をクリックします。

Kinstaの設定

Kinstaの設定

ステップ6と7

次のページでは、入力した情報を再確認いただきます。

最後のページでは、利用可能なプレミアムマイグレーションクレジットの数が表示されます。利用可能なクレジットがない場合は、お支払い情報も記入いただきます。安全に支払いができるように一回限りのパスワードで2FA認証(二要素認証)にルーティングされます。

準備ができたら、「完了」をクリックします。

マイグレーションを完了する

マイグレーションを完了する

マイグレーション申請書を提出した後、当社のサポートチームのメンバーがマイグレーションの予定を立てるためにお客様に連絡します。未実行のマイグレーションは「マイグレーション」に表示され、その状況がいつでも確認いただけます。当社のチームも常に進捗状況を報告いたします。

未実行のWordPressマイグレーション

未実行のWordPressマイグレーション

無料の標準マイグレーションを申請する方法について

下記のホスティング会社からの無料かつ無制限の標準マイグレーションを提供いたします。

  • WP Engine
  • Flywheel
  • SiteGround
  • Pagely
  • Pantheon
  • Cloudways
  • DreamHost
  • A2 Hosting
  • tsoHost

お客様のお持ちのWordPressのウェブサイトの数は1件であっても、50件であっても構いません。Kinstaへの移行を当社の専門家からなるマイグレーションチームに任せてください。

標準マイグレーションに関する制限

  • 無制限マイグレーションのオーファーの対象はWordPressの標準インストールです。マルチサイトネットワークまたはWP EngineのLargeFSを使用するサイトは対象外です。
  • 可能な限り早急にマイグレーションを完了いたします。最大3営業日ほどかかる場合があります。マイグレーション処理に3営業時間以上がかかると推定した場合は、申請時にお伝えします。
  • .htaccessファイルまたは以前のホスティング会社のコントロールパネルに追加されたリダイレクトは、本オーファーの一部として移行されません。マイグレーションの際にリダイレクトを追加したい方は、当社のリダイレクトツールを使用することにより追加してください。
  • 試行マイグレーションを行った上で本番マイグレーションを行う2段階のマイグレーションで移行する必要のあるウェブサイトもあります。この場合には、最初の段階の試行マイグレーションは本オファーの対象として処理できますが、ウェブサイトが実際に移行される2段階目のマイグレーションに際して 料金が発生します

MyKinstaダッシュボードから標準マイグレーションを申請するには、左側の「マイグレーション」を起動するだけです。「標準マイグレーションの申請」をクリックして申請書をご記入ください。

標準WordPressマイグレーションの申請

標準WordPressマイグレーションの申請

ステップ1

下記のような、サポートチームが必要とする情報を記入いただきます。

  • 既存のホストの情報
  • ウェブサイトの設定情報
  • 接続の情報
  • オプションのHTTPSやデータセンター設定
  • 追加のマイグレーションが要求された場合はお支払い情報

移行を実行できるように、いくつかのパスワードも記入いただきます。当社はお客様のプライバシーを大切しております。申請書はSSLで暗号化されており、移行が完了したら、受け取ったすべてのパスワードを破棄します。マイグレーション中に元のウェブサイトを変更することは一切ありません。それに、ウェブサイトはマイグレーション中にもマイグレーション後にも正常に機能します。マイグレーションの開始についても完了についてもご連絡いたします。スタートするには「次へ」をクリックします。

標準マイグレーションの概要

標準マイグレーションの概要

ステップ2

次のページでは、既存のホストの情報を記入いただきます。ホストの情報は例えばホストの名前、ホスティングパネルのログインURL、ユーザー名、パスワードなどです。以下の例では、WP Engineを使用しています。「次へ」をクリックします。

ホストの情報

ホストの情報

ステップ3

次のページでは、お客様のドメイン、WordPressの認証情報、そしてウェブサイトが電子商取引サイトやコミュニティサイトであるか、HTTPSを使用しているか、マルチサイトであるかなど追加の設定オプションを記入いただきます。WooComerceなど非常に動的なウェブサイトをお持ちの方は、Kinstaの非常に動的なウェブサイトのマイグレーションの方針についてこちらをご参照ください。「次へ」をクリックします。

WordPressウェブサイトの情報

WordPressウェブサイトの情報

ステップ4

次の画面では、SFTPやSSHログイン情報などの現在のホストへの接続情報を記入いただきます。内容がわからない方は、現在のホストに情報を提供してもらってください。「次へ」をクリックします。

接続情報

接続情報

FTP、SFTP、SSHなどの接続情報は通常、現在のホスティングプロバイダのコントロールパネルにあります。詳細がわからない方は、現在のホストまたはKinstaの顧客サポートチームにお問い合わせください。

たとえばcPanelをご利用の場合、ユーザー名とホスティングサーバーの詳細は、ユーザーエリア→マイアカウント→情報と設定ページに表示されます。FTPアカウント情報は、ファイル→FTPアカウントのにも表示されます。

ステップ5

次のページでは、強制HTTPSまたは特別な.htaccessのルールやNginxのルールなどウェブサイトの移行中に行うべき特別な設定やその他のご指摘事項があれば、記入いただきます。

ウェブサイトの地理的なホスティング場所も選択します。Kinstaでは20カ所のデータセンターが利用可能です。「次へ」をクリックします。

Kinstaの設定

Kinstaの設定

ステップ6と7

次のページでは、入力した情報を再確認いただきます。

最後のページでは、該当のウェブサイトが無料の標準マイグレーションの要件を満たしているかを再度確認いただきます。そうでない場合は、プレミアムマイグレーションをご申請ください。準備ができたら、「完了」をクリックします。

標準マイグレーションを完了する

標準マイグレーションを完了する

マイグレーション申請書を提出した後、当社のサポートチームのメンバーがマイグレーションの予定を立てるためにお客様に連絡します。未実行のマイグレーションは「マイグレーション」に表示され、その状況がいつでも確認いただけます。当社のチームも常に進捗状況を報告いたします。

未実行のWordPressマイグレーション

未実行のWordPressマイグレーション

マイグレーションのその他の注意事項

  • マイグレーションは、アカウントが少なくとも30日間存在する場合にのみ無料です。30日間よりも早く契約を解除すると、マイグレーションは100ドル請求いたします。プランに含まれる無料のマイグレーションを使い切った方もマイグレーションを申請することができますが、マイグレーション毎に100ドルがかかります。
  • WordPressのコアファイルとディレクトリ構造がカスタマイズされている、高度にカスタマイズされたWordPressのインストールなら、移行できないことがあります。
  • 時折、.htaccessを大量に使用し、複雑なリダイレクトとURIマスキングルールのウェブサイトのマイグレーション申請をいただきます。当社のチームは単純なリダイレクトを設定していますが、ウェブサイトの.htaccessファイルに複雑なルールが含まれている場合は、開発者と協力してこれらをNginx形式に変換し、変換されたルールを当社のチームに提出していただきます。
  • DNSの設定とサードパーティサービスの設定は、マイグレーションサービスには含まれていない為、ご自分で処理する必要があります。お客様が処理するタスクは例えば、DNSレコードをKinsta DNSに移行すること、CloudflareまたはSucuriを設定すること、ドメイン名レジストラでAレコードまたはネームサーバーを更新すること、電子メールサービスを設定することなどです。
  • 場合によっては、ウェブサイトが移行されても、お客様がタイムリーに本番サイトを立ち上げられないことがあります。いざとなると、当社のサーバー上にあるウェブサイトを更新し、他の会社でホスティングされていた間に変更した内容に合わせる必要が生じる場合があります。2回目のマイグレーションを申請することについてはこちらをご参照ください。

WordPress.comサイトのマイグレーション

WordPress.comからのマイグレーシの場合、WordPress.comはウェブサイトのファイルやデータベースへのアクセスを許可しないため、標準のマイグレーションはできません。投稿、固定ページ、コメント、メタタグなどのWordPressコンテンツをエクスポートし、当社のプラットフォーム上の新しいWordPressインストールにインポートすることしかできません。

上記には、ご利用中のWordPressテーマ、WordPressのプラグイン、またはWordPress.comで行ったその他のカスタマイズの移動は含まれないため、ウェブサイトの見た目はWordPress.comの見た目と異なる場合がありますので、ご注意ください。

見た目は完全に一致するように、移行後に、お客様またはお客様のWeb開発者がテーマとプラグインを再インストールし、WordPress.comで行ったカスタマイズを再度行う必要があります。

マイグレーションの後

Kinstaのマイグレーションチームが、ウェブサイトをKinstaのインフラストラクチャに移動し、完了後にはお客様に通知します。その時点で、ウェブサイトが当社のインフラストラクチャで稼働できるためにお客様に下記を行っていただきます:

  1. ウェブサイトが適切に稼働しているかを確認します。
  2. ドメインのDNSレコードを更新します。
14
シェア