Kinstaでは、所有権確認等の手続きを終えることで、全てのドメインに、Cloudflareの統合機能が適用され、ワイルドカードをサポートする無料のSSL証明書をご利用いただけます。

ワイルドカードSSL証明書業界における検証方法が変更されたため、ワイルドカードSSL証明書の更新時には、毎年各ドメインに新しいTXTレコードを追加する必要があります。TXTレコードはドメインごとに異なり、毎年変更されます。

現在、Kinstaの提供する無料Cloudflare SSL証明書をご利用のお客様には、いくつかの選択肢の中からお好きなものをお選びいただけます。

選択肢1 — KinstaのDNSの使用

弊社のWordPress専用ホスティングをご利用いただいており、ドメイン(複数可)に弊社のDNSを使用している場合は、自動的に追加されます。SSL証明書の自動更新ができない場合のみ、お客様に別途ご対応いただく場合があります。

 

選択肢2 — サードパーティDNSを用いたTXTレコードの追加

サードパーティDNSをお使いの場合には、毎年、各ドメインにSSL検証用の新しいTXTレコードを追加する必要があります。TXTレコードは毎年変更されるため、この作業は継続的に行う必要があります。これは、ドメインのDNSを管理する独自のCloudflareアカウントをお持ちである場合も含め、あらゆるサードパーティDNSに適用されます。

選択肢3 — カスタムSSL証明書の購入とインストール

カスタムSSL証明書(独自のSSL証明書)をご希望の場合でも問題ございません。MyKinstaはカスタムSSL証明書をサポートしています。サードパーティベンダーからSSL証明書を購入してインストールし、証明書の更新を、そのサービスの定める方法で管理することができます。SSLの更新時には、MyKinstaにて再度アップロードを行う必要があります。

選択肢4 — 非ワイルドカードSSL証明書への切り替え

ドメインにワイルドカードSSL証明書が必要ない場合は、MyKinstaの「ドメイン」でドメインを削除した後に再度追加し、「詳細設定」の「ワイルドカードドメインを追加する」のチェックを外してください。この処理が行われる間は、少なくとも10分間サイトがダウンするため、ご注意ください。通常、ドメインの追加および所有権の確認の実行と同程度の時間がかかります。

サードパーティDNSにTXTレコードを追加し更新する手順

  1. SSL証明書の有効期限30日前になると、メール(ドメインのDNSに追加するTXTレコードを含む)と通知(MyKinsta)が届きます。メッセージ内の「TXTレコードを取得する」をクリックし、サイトの「ドメイン」に移動すると、ドメインの横に「SSL証明書を更新する」ボタンが表示されます。

    ドメインの横にある「SSL証明書を更新する」ボタンをクリック
    ドメインの横にある「SSL証明書を更新する」ボタンをクリック

  2. すると、ドメインのDNSに追加するTXTレコードが表示されます。
    TXTレコードでドメインを確認して無料のSSLを更新
    TXTレコードでドメインを確認して無料のSSLを更新

  3. 次に、ご利用のDNSサービスの管理画面にログインして、ドメインにTXTレコードを追加します。ドメインのネームサーバーが紐付いている場所(ドメインのレジストラ、または他のDNSサービス)にログインしてこの操作を行ってください。必要に応じ、DNSレコード追加に関する詳細は、各種サービスのドキュメントをご確認ください。
  4. お使いのDNSサービスによっては、TXTレコードの反映(浸透)に最大24時間かかる場合があります。ドメイン認証が成功すると、SSL証明書の更新を知らせるメールと通知(MyKinsta)が届きます。

有効期限切れの証明書を更新する

SSL証明書の有効期限内にTXTレコードを追加できない場合は、有効期限が切れたことをお知らせするメールとMyKinsta内の通知を受け取り次第、SSL証明書の更新を再開してください。

  1. これを行うには、MyKinstaにログイン後、「WordPressサイト」>(サイト名)>「情報」に移動し、ドメイン名の横にある「SSL証明書の更新を再開する」をクリックします。

    ドメイン一覧に表示されるSSL証明書の更新ボタン
    ドメイン一覧に表示されるSSL証明書の更新ボタン

  2. 数分後、ドメイン名の横に再度「SSL証明書の更新を再開する」ボタンが表示されます。クリックすると、DNSに追加するTXTレコードが表示されます。尚、メールおよびMyKinsta内での通知も届く仕様です。
  3. DNSサービスの管理画面にログインし、TXTレコードをドメインに追加します。ドメインのネームサーバーが紐付いている場所(ドメインのレジストラ、または他のDNSサービス)にログインしてこの操作を行ってください。DNSレコードの追加に関する詳しい情報は、ドキュメントを参照してください。
  4. DNSサービスによっては、TXTレコードの伝播に最大24時間かかることがあります。ドメイン認証が完了すると、SSL証明書の更新を伝えるメールおよびMyKinsta内の通知が送信されます。

よくある質問

ワイルドカードまたは非ワイルドカード、どちらを使用しているのか、どのように確認できますか?

MyKinstaの現在のドメインでは、カスタムホスト名/SSL証明書にワイルドカードが使用されているはずです。ドメインページのドメイン名の下に「*.example.com」と表示されます。ドメイン名の下に「*.example.com」がない場合には、ワイルドカードを使用するホスト名が存在しないことを示し、非ワイルドカードのSSL証明書を使用できます。

ワイルドカード/非ワイルドカードSSL証明書の違いは何ですか?

どちらもDigicert社を通じCloudflare社が提供する無料のSSL証明書です。違いは、ワイルドカードサブドメインの適用範囲と、更新手順にあります。非ワイルドカードSSL証明書では、「HTTP/.well-known」の検証方法を用い自動的に更新できます。

SSL証明書の有効期限はいつですか?どのように確認できますか?

SSL証明書が有効期限を迎える30日前に、メールとMyKinstaでお知らせします。また、ブラウザでサイトのSSL証明書を表示することで、SSLの有効期限を確認することもできます。

手動で証明書の更新を行う必要がありますか?

はい、KinstaのDNSを使用していない状態で、ワイルドカードSSL証明書を更新するには、手動での操作が必要になります。お客様のドメインのDNSに特定のTXTレコードを追加する必要があります。

TXTレコードを追加する猶予期間はどのくらいですか?

更新期間内にTXTレコードを取得するタイミングによって異なります。TXTレコードは、更新期間開始後、14日ごとに変更されます。例えば、SSL証明書の有効期限が30日後に切れる旨の通知を受け取った5日後にTXTレコードを取得した場合、そのTXTレコードの有効期間は、次のTXTレコードが生成されるまでの9日間となります。

手動での更新を避けるにはどうしたらいいでしょうか?

KinstaのDNS(ワイルドカード証明書の自動更新が可能)への切り替え、(利用可能である場合には)非ワイルドカードSSL証明書への切り替え、ご希望のサードパーティSSL証明書の使用が考えられます。

以前採用されていたLet’s Encryptに戻すことはできますか?

申し訳ございませんが、この機能はご利用いただけません。Kinstaでは現在、Digicert社を通じて無料のCloudflare SSL証明書を提供しています。別のSSL証明書をご希望であれば、サードパーティSSLサービスで証明書を取得し、その証明書をMyKinstaでインストールすることができます。

なぜKinstaで、SSL証明書の更新が必要なのですか?

SSL証明書の更新は、Kinstaが独自で決定したものではなく、業界レベルでの要件だとお考えください。どのワイルドカードSSL証明書プロバイダーも現在これを義務づけて(または義務化を進めて)います。併せて、以下のページもご覧ください。

更新頻度はどのくらいですか?

Cloudflareの無料SSL証明書は1年間隔で更新する必要があります。

更新頻度を少なくする(更新の期間を延ばす)ことは可能ですか?

Cloudflareの無料SSL証明書の更新頻度を少なくすることはできません。サードパーティの有料SSL証明書の中には、更新の期間が長いものがあります。そのような条件をお求めであれば、ご自身の判断で、サードパーティSSL証明書を、別途ご利用ください。

SSL証明書を購入したら、それをMyKinstaでインストールし、サードパーティサービスを通じてSSL証明書の更新を管理することができます。サードパーティサービスでSSL証明書を更新するたびに、MyKinstaにて証明書をアップロードし直す必要があります。

TXTレコードをそのままにしておけば、来年も自動的に更新されますか?

1年ごとの更新に際し、新しいTXTレコードを設定する必要があります。

SSL証明書の更新は何日前に行えますか?

KinstaのDNSをご利用であれば、有効期限の30日前になると、SSL証明書が自動で更新されます。KinstaのDNSをご利用でない場合には、更新に使用するTXTレコードが記載されたメッセージが届きます。

自分がKinstaのDNSを使用しているかどうかは、どのように確認できますか?

ドメインにKinstaのDNSを使用しているかどうかを確認するには、MyKinstaにログインして、左サイドバーにあるDNSをクリックしてください。すると、Kinsta DNSに紐付いたドメインが表示されます。緑と白のチェックマークが付いていれば、そのドメインのネームサーバーとKinstaが紐付けられており、KinstaのDNSを使用中であることがわかります。赤と白のバツ印であれば、ドメインのネームサーバーがKinstaに紐付けられていない状態であり、そのドメインでKinsta DNSは使用されていません。

KinstaのDNSにおける、ドメイン横のチェックマーク(ネームサーバーがKinstaに紐付けられていることを意味します ※バツ印であれば、紐付けられていません)
KinstaのDNSにおける、ドメイン横のチェックマーク(ネームサーバーがKinstaに紐付けられていることを意味します ※バツ印であれば、紐付けられていません)

自分のCloudflareアカウントを利用していても、KinstaのCloudflare SS証明書を更新する必要はありますか?

お客様のCloudflareアカウントの設定によります。

  • CloudflareのドメインのDNSレコードにグレーの雲マーク(プロキシ無効)が表示されている場合には、弊社提供のCloudflare SSL証明書を更新してください。
  • DNSレコードにオレンジ色の雲マーク(プロキシ有効)が付いていて、以下のいずれかがある場合、弊社提供のCloudflare SSL証明書を更新する必要はありませんが、基本的には更新をお勧めします(証明書のバックアップ作成のため)。
  • CloudflareのドメインのDNSレコードにオレンジ色の雲マーク(プロキシ有効)が付いていて、無料のUniversal Cloudflare SSL証明書、またはCloudflareの独自SSL証明書をお持ちでない場合は、弊社提供のCloudflare SSL証明書を更新してください。

CloudflareのSSL証明書は、管理画面の「SSL/TLS」>「エッジ証明書」で確認することができます。