「WordPressサイトでは、KinstaとCloudflareのどちらのCDNにすればいいのでしょうか?」これは、特にKinstaに移行する新しいユーザーからよく寄せられる質問です。簡単に言えば、どちらでも問題はありません。より具体的に説明すれば、当社のCDNとCloudflareが提供するCDNはかなり異なるため、サイトのニーズに基づいて選択した方がいいでしょう。

ご安心ください。情報に基づいた決定を行っていただけるために、本記事ではそれぞれの長所と短所を詳しくご説明します。

CDNとは?

CDNは、単にコンテンツ配信ネットワークの略です。コンテンツ配信ネットワークは、画像、CSS、JavaScriptなど、WordPressウェブサイトの静的なコンテンツをホストするための世界中の戦略的に配置したサーバー(POPともいう)ネットワークです。CDNによっては、ビデオストリームやMP3などの動的コンテンツをホストすることもできます。

Kinsta CDN

Kinsta CDN

CDNの主な目的は、WordPressサイトのアセットの配信を高速化することです。以下は、高速化の方法をのいくつか示します。

ネットワーク遅延(レイテンシ)を短縮する

ネットワークレイテンシとは、ネットワーク上でのデータの送信にかかる時間およびその遅延のことです。言い換えると、データのパケットがある地点から別の地点に移動する時間です。データの移動距離が長いほど、読み込み時間とレイテンシが長くなります。

アセットを訪問者のいる場所に近いサーバーロケーション(POP)にコピーすることにより、関連するレイテンシが大幅に削減されます。たとえば、ウェブサイトがアイオワ(米国)のデータセンターでホストされているが、ある訪問者がドイツからサイトにアクセスした場合、データは数千マイルも移動する必要があります。CDNを使用している場合、アセットはドイツのフランクフルトにあるCDNサーバー(POP)などの非常に近い場所から自動的に配信されます。

TTFBを短縮する

TTFB:最初の1バイトが到着するまでの時間」(Time To First Byte)を指します。簡単に言えば、TTFBはブラウザがサーバーからのデータの最初のバイトを受け取るまでにかかる時間のことです。そのデータを受け取るまでに時間がかかるほど、ページを表示するのにかかる時間が長くなります。よくある誤解ですが、DNSルックアップ時間を使ってTTFBを計算することです。しかし、ネットワーキングにおけるTTFBの本当の計算にはネットワークレイテンシが含まれています。

CDNがTTFBを短縮する方法の一つはキャッシングです。キャッシングとは、あるリクエストのリソースを保存し、今後のリクエストに際してそのリソースを再利用するプロセスのことです。基本的には、ページビューを生成するのに必要な作業量を減らします。WordPressホスティング会社がキャッシュを使用していると同様に、CDNもキャッシュを使用しています。アセットがCDNのキャッシュから配信されると、訪問者がアクセスするときにすばやく読み込まれます。

サイトのTTFBは、使用しているCDNの種類によって異なります。これについては、以下で詳しく説明します。

ただし、TTFBの種類について説明する前に、Kinstaのクライアントによく利用される2種類のコンテンツ配信ネットワークの違いについて理解しておきましょう。

  1. 従来のプル型CDN
  2. リバースプロキシ / WAF CDN

1. 従来のプル型CDN

Kinsta CDNは従来のプル型CDNです。

従来のプル型CDNは、すべてのコンテンツとメディアのコピーをキャッシュし、サブドメインまたは123.kinstacdn.comなどのランダムなURLを使用してアセットを配信します。ユーザーがWordPressサイトにアクセスすると、最初にクライアントからホスティング会社にリクエストが送信されるが、次にCDNにリクエストが送信され、すべてのアセットそこからが取得されます。

domain.com [request → WordPress host]
123.kinstacdn.com/image.png [request → CDN]
123.kinstacdn.com/style.css [request → CDN]
123.kinstacdn.com/scripts.js [request → CDN]

2. リバースプロキシ / WAF CDN

Cloudflareはリバースプロキシ / WAF CDNです。

リバースプロキシ / WAF CDNは従来のプル型CDNとは少し異なります。CDNとして働いていますが、入ってくるリクエストを傍受し、クライアントとホスティング会社の間の仲介サーバーの機能を果たします。これが、ネームサーバーを変更してDNSをそれらのサーバーを指すように設定する必要がある理由の一つです。従来のCDNとは異なり、サブドメインやランダムなURLを使用しません。

domain.com [request → reverse proxy/WAF CDN → WordPress host]
domain.com/image.png [request → reverse proxy/WAF CDN]
domain.com/style.css [request → reverse proxy/WAF CDN]
domain.com/scripts.js [request → reverse proxy/WAF CDN]

CDNをスピードテストする正しい方法

Kinsta CDNとCloudflare CDNの両方の長所と短所を詳しく説明する前に、CDNをスピードテストするヒントをいくつかご紹介します。スピードテストを間違って行っているため、実際のパフォーマンスを把握できない人が多いです。

キャッシュのために複数回テストを行う

CDNはキャッシュからコンテンツを配信するため、高速であることを覚えておいてください。ただし、サイトにCDNを追加したばかりか、キャッシュをクリアした場合は、最初に速度テストを実行したときにコンテンツがまだキャッシュされていない可能性があります。または、キャッシュが期限切れになっている場合もあります。

多くのユーザーはスピードテストを1回しか実行しない傾向があります。そこで、コンテンツはまだCDNにキャッシュされておらず、CDNがサイトの速度を低下させていると思ってしまいます。(またはパフォーマンスの向上が見られません。)当社のCDN速度のベンチマーク試験では、CDNが読み込み時間を最大50%短縮できることがわかりました!結果は、テストする場所によって異なりますが、いずれにしても速度が向上するはずです。

CDNがまだコンテンツをキャッシュから配信していないことを簡単に確認できます。すべてのスピードテストツールは、HTTPヘッダー(応答ヘッダーとも)というものを示します。これらには、各リクエストに関する重要な情報が含まれています。以下の例では、Pingdomを使用しています。

WordPressサイトの、CDNから読み込まれるはずのアセットの一つを確認します。例えば、画像やCSS / JSファイルなど。Kinsta CDNをご利用の場合はx-cacheというヘッダーを探してください。コンテンツがまだキャッシュから配信されていない場合は、ヘッダーがMISSを返します。

HTTPヘッダーの「MISS」

HTTPヘッダーの「MISS」

CDNを正しくテストするには、すべてのコンテンツがキャッシュから読み込まれるようにならなければなりません。その場合、x-cache値はHITを返します。このため、スピードテストを複数回実行する必要がある場合もあります。私たちの経験からいうと、2~3回が適切です。Pingdomなどの一部のスピードテストツールでは、各テスト間の時間も制限されています(通常は数分)。したがって、スピードテストを実行し、時間が照ってから再度戻って、もう一度実行する必要がある場合があります。

HTTPヘッダーの「HIT」

HTTPヘッダーの「HIT」

Cloudflareをご利用の場合は、HTTPヘッダーはcf-cache-statusです。上記の手順がCloudflareにも適用されます。HITが表示されるまで、スピードテストを数回実行する必要があります。そうなると、Cloudflareがアセットをキャッシュから配信するようになりました。

HTTPヘッダー「cf-cache-status」

HTTPヘッダー「cf-cache-status」

試験を実施するロケーションも非常に重要

スピードテストの際に選択するロケーションは結構な影響を与えます。その理由は、結果がWordPressサイトがホストされているデータセンターに関連しているためです。TTFB、ネットワークレイテンシなどが関連してきます。

そのため、データセンターに近いロケーションからもと遠いロケーションからもウェブサイトを試験しましょう。CDNを使用せずにもCDNを使用してもスピードテストを実行します。そうすると、CDNのWordPressウェブサイトへの影響も把握できます。

Which is better for your WordPress site, the Kinsta CDN or Cloudflare? 🤔Let's find out.Click to Tweet

Kinsta CDNの長所と短所

次に、Kinsta CDNの長所と短所についてご説明します。Kinsta CDNは、KinstaのすべてのWordPressホスティングプランで利用可能になっております。

Kinsta CDNの長所

Kinsta CDNは、従来のプル型CDNであるKeyCDNをを基盤としています。Cloudflare CDNよりもKinsta CDNをお勧めする主な理由の一つは、TTFBが非常に低く、ホスティング会社へのリクエストに影響を与えないためです。Cloudflareはリバースプロキシ/ WAF CDNで、サイトとホスティング会社の間に位置していることを覚えておいてください。これによりオーバーヘッドが発生し、TTFBが高くなります。上記はページキャッシュルールで回避できますが、やり方は簡単であるとは限りません。(以下で詳しく説明します。)

Kinsta CDNはHTTP/2,を特徴とし、IPv6対応であり、アセットを高速化するための世界中の35か所のロケーションがあります。Cloudflareにはより多くのロケーションがありますが、TTFBが非常に低くて使いやすいKinsta CDNは最も速くて簡単なものにしたいユーザーに最適です。2つのステップの実施しやすい手順でKinsta CDNを有効にしましょう。ネームサーバーを変更したり、追加のアカウントを登録したり、プラグインをインストールしたりする必要はありません。

ステップ1

Kinsta CDNを有効にするには、MyKinstaダッシュボードにログインするだけです。該当のウェブサイトをクリックし、CDNタブをクリックします。

Kinsta CDN

Kinsta CDN

ステップ2

次に「有効にする」をクリックします。数分後、CDNが自動的に機能し始め、アセットは世界中のキャッシュから配信されます。以上です。

Kinsta CDNを有効にする

Kinsta CDNを有効にする

Kinsta CDNの短所

Kinsta CDNの最大の欠点は、リバースプロキシ/ WAFではないことです。それは何故でしょうか。悪質なボットや悪意のあるトラフィックをいつも特定できるとは限らないためです。悪意のあるトラフィックは通常、アセットではなくサイトに直接にアクセスしていることを覚えておいてください。したがって、Kinsta CDNを使用しても、サイトへの不正なトラフィックを減らすのに役立ちません。つまり、サイトへのアクセス回数は、Cloudflareなどのリバースプロキシ/ WAFソリューションを使用した場合よりも高くなります。

当社では、有名な「ボット」ユーザーエージェントからの訪問回数はカウントされず、分析データからも除外するよう全力を尽くしております。ただし、ボットはユーザーエージェントをなりすますことが多く、その場合、ボットのアクセス回数がカウントされるようになる恐れがあります。当社の訪問回数のカウント方法の詳細をご参照ください。

当社の各ホスティングプランには、CDN帯域幅が大量に含まれています。お客様の大半はこの量を超えることはないため、CDNは基本的に無料です。一方、プランのCDN帯域幅を超えてしまうと、0.10ドル / GBの料金が請求されます。これは非常に安価ですが、サイトのトラフィックの量とサイトのメディアの種類やサイズによっては無料ではない場合があるため、これは欠点と見なす場合があります。

Cloudflareの長所と短所

次に、Cloudflare CDNの長所と短所についてご説明します。

Cloudflare CDNの長所

Cloudflareは、サイトへの不正なトラフィックを非常に効果的にブロックしています。彼らは長い間これを行ってきており、何十年もの間作成してきたフィルターやルールを利用可能にしています。Kinstaホスティングプランで訪問数を抑えたい場合は、Cloudflareを使用すると間違いなく役立ちます!なお、無料のCloudflareプランにはウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)が含まれていませんので、ご注意ください。一方、それでも一部の不正なトラフィックからの保護を提供しています。

訪問回数を可能な限り抑えたい場合は、WAFを含むCloudflare Proプランを月額20ドルで使用することをお勧めします。これにより、訪問回数がさらに減少します。Cloudflareは、ボット、スクレイパー、およびクローラーのターゲットとなる可能性の高い、高トラフィックで人気のあるサイトに最適です。Cloudflareのプラン一覧をご覧ください。

Cloudflareは高速であり、CDNプロバイダーの中で最も多くのサーバーロケーション(POP)を持っています。ネットワークは165カ所以上のPOPで構成されています。

Cloudflare CDNの短所

次にCloudflare CDNの短所について説明します。1つ目の短所は、ネームサーバーをCloudflareを指すように設定する必要があることです。Kinsta CDNでは、サイトがすでに当社でホストされている場合はDNSを変更する必要はありません。

Cloudflareを使用した場合の最もよく発生する課題は、デフォルトでTTFBが高くなることです。Cloudflareは、入ってくるリクエストを傍受し、クライアントとホスティング会社の間の仲介サーバーの機能を果たすリバースプロキシ/ WAFであることを覚えておいてください。この機能は、初期のHTTPリクエストとアセットに影響を与えます。その結果、オーバーヘッドが発生します。以下の画像では、CloudflareでのTTFB(待機時間とも)が141.1ミリ秒である例を示します。

Cloudflareでの高TTFB

Cloudflareでの高TTFB

TTFBは重要でしょうか?全体的なスピードに貢献するものであるため、重要です。ここで、Kinsta CDNを使用しているサイトを見ると、最初のリクエストのTTFBはわずか33.1ミリ秒です。CDNはアセットのみを処理するため、この最初のリクエストはKinstaサーバーから直接配信されます。

一方、WordPressサイトを保護するために行っているすべての素晴らしい対策も考慮するとCloudflareでの高いTTFBが無視できるという意見もあります。

Kinsta のTTFB

Kinsta のTTFB

CloudflareでのTTFBは高いですが、ページキャッシュルールでTTFBを減らすことができます。これにより、WordPressサイトは完全にCDNのキャッシュから配信されるようになります。基本的には、Kinstaで提供されている完全なページキャッシュを模倣しています。

欠点は、ページキャッシュルールの設定が難しい場合があることです。また、キャッシュするべき内容とキャッシュしないべき内容を正確に理解しておく必要があります。コメント、WordPressの管理ツールバー、eコマースのチェックアウト画面などは、ページキャッシュルールで適切に設定しなければなりません。

Cloudflare BusinessまたはEnterpriseプランを使用していない限り、クッキーが検出されたときにキャッシュをバイパスすることもできません。Kinstaでは、woocommerce_items_in_cartクッキーまたはedd_items_in_cartクッキーが検出されると、キャッシュが自動的にバイパスされることにより、スムーズなチェックアウトプロセスを保証するサーバーレベルのルールを導入しています。フルページキャッシュルールを使いたい場合は、これもご自分で構成する必要があります。

無料のCloudflareプランには、3つのページキャッシュルールしか含まれていません。

以上のことを踏まえて、ルールを適切に設定すれば、Cloudflareが非常に高速です。Cloudflareでフルページキャッシュを設定すると、TTFBは20ミリ秒未満になりました!

フルページキャッシュルールを使用した場合のCloudflareのTTFB

フルページキャッシュルールを使用した場合のCloudflareのTTFB

フルページキャッシングルールにしたい場合、次のチュートリアルを確認することをお勧めします。

自信がない場合は、WordPressの開発者を雇うことをお勧めします。

WordPressサイトがCloudflareを使用している場合、スピードテストツールで次の警告メッセージが表示されることもあります。「Serve static content from a cookieless domain」(和訳:クッキーレスドメインから静的コンテンツを配信せよ)

Cloudflareのネットワークを介して配信されているリソースのクッキーを無効にすることはできません。Cloudflareは独自のセキュリティクッキーをヘッダーに含めます。一方、これらのクッキーは非常に小さく、パフォーマンスへの影響はごくわずかです。ただし、Cloudflareをご利用の場合には、この警告を回避する方法はありません。Kinsta CDNを使用する場合、上記の警告メッセージは表示されません。

Cloudflareを使用する場合は、彼らのWordPressプラグインもインストールする必要があります。これにより、新しいコンテンツを公開するときにキャッシュが自動的にクリアされる設定ができます。インストールしないと、Cloudflareのダッシュボードにアクセスして、キャッシュを手動でクリアするか、キャッシュが期限切れになるまで待つしかありません。Kinstaでは新しい投稿が公開されると、キャッシュは自動的にクリアされます。

また、一部の地域では、無料のCloudflare CDNプランが遅くなることに注意することも重要です。

どちらのCDNを使用しましょうか?

本記事では、Kinsta CDNとCloudflare CDNについて詳しく理解していただき、あなたのサイトに適切な方がどちらかイメージが付いたのでしょうか。繰り返しますが、どちらにしても問題はありません。多くのお客様に両方をご利用いただいています。要点をまとめす。

Kinsta CDN

Cloudflare CDN

見落としがあると思われる場合は、下にご意見をお寄せください。


このチュートリアルが面白かった方なら、当社のサポートも大好きでしょう。Kinstaのすべてのホスティングプランには、ベテランのWordPress開発者とエンジニアによる24時間365日のサポートが付いています。フォーチュン500のお客様をサポートしているチームとチャットしませんか。当社のプランをご確認ください。