WordPressサーバー探しには、時間がかかるもの。時に面倒な作業になります。価格、対応サイト件数、バックアップなどの基本的な機能や要素は、一般的にすぐにわかります。しかし、「舞台裏」の細かな部分にまで踏み込むとなると、複雑な仕事に。

ほとんどの場合、サーバーがすべての項目を満たしているか、ビジネスに適しているかを確認する必要があります。その決断を少しでも容易にするために、Kinstaに関する最も一般的な技術面での質問をまとめました。

下記の質問の多くは、Kinstaの営業部から直接寄せられたもので、基本的には、よくあるものが上になるように並べられています。以下の質問をクリックすると、回答に直接ジャンプできます。

Kinstaを利用することで、私のサイトはどのくらい高速になりますか?

一概には言えませんが、他のマネージドWordPressホスティングからKinstaに移行したほぼすべてのサイトでスピードが増しています。

SkyRocketWPのケーススタディをご覧ください。クライアントのサイトのためにスピードを求めKinstaに注目。結果的に、それ以上のメリットを手にしました。100以上のサイトをWP EngineからKinstaに移行し、ページ読み込み時間が平均で49%短くなっています

また、WP Buffsでは、ページ読み込み時間が半分になりました。Kinstaに切り替えてビルトインのCDNを有効にするだけで、離脱率を平均21%削減することに成功。Kinstaのより詳細な読み込み速度についてのテストをお探しであれば、ReviewSignalの年間パフォーマンスベンチマークのご確認をお勧めします。Kinstaは、他のマネージドWordPressホストに対するすべてのテストでその地位を確立し、4年連続で最高のパフォーマンスを発揮する企業の1つであることを証明しました。この結果を、私たちは誇りに思います。

KinstaはGoogle Platformとそのプレミアム階層ネットワークを利用して、光速ネットワークを確保しています。お客様は、35のグローバルデータセンターから選択することができます。サイトを訪問者の近くに配置することで、レイテンシとTTFBを減らし、光速の読み込み時間を確保することができます。さらに、HTTP/2 CDN、最新バージョンの PHP 7、コンテナ分離技術を組み合わせ、業界随一のパフォーマンスをお届けしています。

Kinstaが採用する最新世代C2 Google Cloudサーバーにより、多くのクライアントサイトで最大200%のパフォーマンス向上が実現しました。

既存のサーバーとの性能の違いを見るために、Kinstaで3~4日間サイトを試してみることはできますか?

試用期間はありませんが、以下のようなサービスを提供しています。

  • Kinstaでは、自信を持ってサービスを提供しております。だからこそ、すべてのプラン(※アドオンを含む)に30日間の返金保証を設けています。サービス開始から30日以内にホスティングアカウントのキャンセルをされた場合には、全額返金いたします。つまり、30日間はリスクなしでKinstaをお試しいただけます。
  • 最初の30日経過後に契約をキャンセルされた場合でも、未使用分を返金いたします。月額プランと年間プランの両方が対象となります。
  • Kinstaに長期契約はなく、いつでも契約をキャンセルできます。

必要となった場合にストレージ(またはワーカープロセス数、サイト数など)を増やすことは可能ですか?

いくつもの選択肢をご用意しておりますが、お客様のご要望次第です。ディスクスペースの引き上げをご希望であれば、ディスクスペースアドオンをご利用ください─たった数クリックでホスティングプランのストレージスペースを増やせます。例えば80GBの追加であっても問題ございません。

安価な方法として、Amazon S3やGoogle Cloud Storageなどの別のストレージサービスに大容量ファイルをオフロードすることも可能です。これは、ホスティングコストを抑えるのに効果的です。Kinstaの多くのお客様がこの方法を採用しています。

ワーカープロセス数やサイト数を引き上げるには、ホスティングプランをアップグレードする必要があります。

より高機能なEnterprise 3やEnterprise 4プランをご用意しています。それぞれのプランでご利用いただけるディスク容量、ワーカープロセス数、サイト数については、Kinstaの営業部までお問い合わせください。

キャッシュ系プラグインは利用できますか?

Kinstaでは、ソフトウェアまたはサーバーレベルで自動的に実施される4種類のキャッシュを実装しています。これとの干渉を避けるために、キャッシュ系プラグインはご利用いただけません。Kinstaのキャッシュは、お客様のすべてのWordPressサイトに自動でインストールされるKinsta MUプラグインにより制御されます。

Kinstaのキャッシュについて詳しくはこちらをご覧ください。

例外として、KinstaではWP Rocketのバージョン3.0以降をサポートしています。Kinstaでホストするサイトで実行すると、そのキャッシュ機能は自動的に無効になります。これにより、Kinstaのビルトインキャッシュを使用しながら、WP Rocketに搭載された他の最適化機能を活用することができます。

デフォルトのキャッシュの有効期限を伸ばすことはできますか?

Kinstaのページキャッシュ期限は、デフォルトで1時間に設定されています。 しかし、サイト管理画面「MyKinsta」から変更することが可能です。頻繁に変更されないサイトでは、キャッシュの有効期限を伸ばすことでパフォーマンスが向上する場合があります。

KinstaでWooCommerceとEasy Digital Downloadsのキャシュはどのように処理されますか?

WooCommerceやEasy Digital Downloadsなどの人気のECプラグインとの調和のために、サーバーレベルのキャシュルールをご用意しています。デフォルトでは、カート、アカウント、決済など、決してキャッシュしてはいけない特定のページがキャッシ対象から除外されています。「woocommerce_items_in_cart」 や「edd_items_in_cart 」クッキーが検出されると、自動的にキャッシュをバイパスする仕組みです。これにより、スムーズな決済プロセスが実現します。

お客様のECサイトで、その他キャッシュをバイパスすべきセクションをお持ちであれば、いつでもサポートにご連絡ください。

Kinstaでは再販やホワイトラベルといった選択肢が提供されていますか?

今のところ、典型的な再販プランにあたるものはご用意しておりません。しかし、多くのWeb制作会社やホームページ運営管理会社といったお客様により「自社クライアントにKinstaサーバーのホスティング環境を提供」という選択肢をお選びいただいています。これは、Kinstaのマルチユーザー機能を使えば簡単に実行できます。また、すべてのWordPressサイトにデフォルトでインストールされるKinsta MUプラグインのホワイトラベル化というオプションもご用意しています。

また、アフィリエイトプログラムに参加し、Kinstaを紹介することで継続的なコミッションを獲得することもできます。

サイトの移行作業はどのように処理されますか?どのくらいの時間がかかりますか?移行中にダウンタイムは発生しますか?

ご登録後、管理ダッシュボードであるMyKinstaからすぐに無料にてサイト移行をリクエストすることができます。その後、移行を担当するスタッフからお返事を差し上げ、詳細の確認と、お客様に最適な移行タイミングの調整を行います。

弊社ではできるだけ早く─通常24時間以内に─サイト移行を完了できるよう全力を尽くしていますが、場合によっては最大で3営業日ほどいただく場合もございます。お客様のサイトの移行状況は随時、担当者より通知いたします。また、MyKinstaから状況を追跡することも可能です。

Kinstaへのサイト移行時に、通常、ダウンタイムは発生しません。EC(WooCommerceやEasy Digital Downloads)、会員制サイト、コミュニティサイトなどの動的なサイトは、データの損失を防ぐために移行中はメンテナンスモードにする必要があります。詳しくはこちらをご覧ください。

移行作業完了時には、担当者よりご連絡差し上げます。その後、サイトの状態の最終確認についてお知らせします。

DNSをKinstaに紐付ける前に、性能の違いを確認できますか?

DNSをKinstaに紐付ける前にサイトをテストすることができます。いくつかの選択肢を以下にご紹介します。

選択肢1

test.yoursite.com」のようなサブドメインを追加し、サブドメインのみのDNSをKinstaに紐付け、現在のサイトと比較することができます。

これが正しく機能するためには、お客様のサイトで簡単な検索と置換を行う必要があります─バックアップを取った上で、Kinstaの検索・置換機能またはその他のツールを使用して一時的なサブドメインに更新することができます。

なお、テストが終わったら、ワンクリックで簡単にサイトの復元が可能です。本番サイトでのデータ変更の頻度によっては、テスト終了後に、完全にサイトの移行が必要になる可能性があります。

選択肢2

hosts ファイルを編集するだけで、Chrome DevTools を使ってローカル環境でテストを行うこともできます。

負荷テストを実施することはできますか?

大前提として、ウェブサイトの「速度テスト」と「負荷テスト」には大きな違いがあります。時折、この2つを混同される方がいらっしゃいますのでご説明します。

ウェブサイトの速度テスト

ウェブサイトの「速度テスト」では、通常、PHP(MySQL+PHPを含む)の応答時間を測定します。言い換えれば、ページの総読み込み時間です。多くの人はPingdomGTmetrixを使って、HTMLのレンダリング/待ち時間を調べ、既存のサーバーと比較します。ですので、Kinstaにて、お客様のサイトを「test.yoursite.com」のようなサブドメインに置き、既存のサイトと比較することが可能です。

ウェブサイトの負荷テスト

一方「負荷テスト」は、速度テスト以上のもので、一般的には、トラフィックの急増や対象となる同時ユーザー数など、特定の条件をシミュレーションするために使用されます。大事な点として、自動負荷テストツールは完璧ではありません。負荷テストで「実際のシナリオ」を再現できなければ、ほとんどの場合、誤った結論を導くことになります。

Review SignalのようなWordPressサーバーのテストを行う会社による調査結果から、他のサーバーとの比較をご覧いただけます。Review Signalでは、正しい、科学的な根拠に基づいた手法でテストを実施しています。Kinstaプラットフォームでの負荷テスト実行をご希望であれば、まずはカスタマーサポートまでご連絡ください。

Kinstaには無料のサイト移行や追加の移行サービスはありますか?

Kinstaのすべてのプランには、1回または複数のプレミアムサイト移行サービス利用枠が付帯します。MyKinstaの「移行申請」からのリクエストで、これとは別に追加の移行サービスをご利用いただくこともできます。費用は追加の移行ごとに100ドルで、次回請求書に自動的に反映されます。

たくさんのWordPressサイトをお持ちの方向けには、一括移行価格もご用意しております。

Xserver、さくらのレンタルサーバー、ロリポップなどの日本のサーバー、または、WP Engine, Flywheel, SiteGround, Pagely, Liquidweb, Pantheon, Cloudways, GoDaddy, DreamHost, Bluehost, HostGator, A2 Hosting, tsoHostなどの海外サーバーからの標準サイト移行サービスを無料、かつ、サイト数無制限でご利用いただけます詳細をご覧ください。

ドメインレジストラから購入したSSL証明書は使用できますか?

はい、ご使用いただけます。そのためには、SSLプロバイダまたはドメインレジストラからのCSRと秘密鍵の再生成が必要になります。レジストラごとに若干の違いがありますので、各ドキュメントを確認するか、サポートに相談してみることをお勧めします。その後、MyKinstaにてSSL証明書をインストールできます(WooCommerceサイトにSSL証明書をインストールする方法はこちらをご覧ください)。

また、CloudflareのSSL証明書を無料で自動発行しています(ワイルドカード設定に対応)。そのため、他の種類のSSL証明書を使う特別な理由がない限り、Kinstaが標準で採用している無料SSLを利用するのがおすすめです。

Kinstaはマルチサイトをサポートしていますか?

Kinstaは、Pro以上のプランでWordPressマルチサイトに対応しています。現在Starterプランをご利用の方は、マルチサイトを利用するには、アップグレードを行う必要があります。

マルチサイトのセットアップに関するその他の注意事項については、こちらの記事をご確認ください。

Kinstaにはマルチサイト用のステージング環境はありますか?

お客様のマルチサイトのセットアップによっては、Kinstaのステージング環境が機能する場合としない場合があります。

  • サブディレクトリ構造のマルチサイト(「example.com」,「example.com/subsite1」,「example.com/subsite2」)であれば、KinstaのWordPressステージング環境でも問題なく機能します。
  • サブドメインのマルチサイト(「example.com」、「subsite1.example.com」、「subsite2.example.com」)の場合、サブサイトでHTTPS接続が必要とされない限りは問題なく機能します。サブサイトでHTTPS接続が必要である場合は、ステージング環境でSSLエラーを回避してサブサイトにアクセスする必要があります。これによる機能性への影響はありません。
  • ドメインマッピングを利用するマルチサイト(「example.com」、「example1.com」、「example2.com」 のように、全く異なるドメインでサブサイトを読み込む)の場合、手動での多くの設定が必要になります。
    • 選択肢 1: ドメインマッピングをオフにして、標準のサブディレクトリ/サブドメイン設定に戻す。手作業でデータベースの検索と置換を行う。
    • 選択肢 2: ドメインの本番環境ごとにサブドメインのステージング環境を設定し、それらをすべてステージングサイトに追加して、データベースの検索と置換を手動で行う。

ステージング環境から本番環境に反映できる対象データはどうなっていますか?

ステージング環境に選択的プッシュ機能が追加され、本番環境に反映する対象をより細かく制御できるようになりました。ステージング環境から本番サイトへ、ファイルのみ、データベースのみ、またはファイルとデータベースの両方を反映するよう選択できます。

他のPHPスクリプトを追加することは可能ですか?

WordPress以外のPHPスクリプトをWordPressサイトとあわせて使用することは可能ですが、WordPress以外のスクリプトやアプリケーションに対するサポートは提供しておりません。

HTMLサイトをホストすることはできますか?

Kinstaでは、HTMLサイトをホストすることもできます。WordPressのデフォルトのindex.phpが「/public」ディレクトリに見つからない場合、サーバーが自動的に「index.html」を読み込みます。これとは別のページを使用している場合は、サーバーに特別なルールを追加するために、カスタマーサポートまでご連絡ください。注)KinstaではWordPress以外のサイトに対する追加のサポートは提供しておりません。

サイト専用のIPアドレスは利用できますか?

Kinstaでは専用IPは提供しておりません。

現在、ほとんどの(WordPressに特化したものを含む)レンタルサーバーでは共有IPが一般的で、多くの設定において専用IPアドレスは必要ありません。Kinstaでホストするすべてのサイトに、無料にてCloudflareとの統合機能が付帯しているため、Kinstaにおける「共有IP」とは実際には、CloudflareのIPアドレスになります。

Kinstaを介して割り振られたCloudflareのIPアドレスは、Kinstaインフラストラクチャ上のサイトでのみ使用されます。つまり、お客様のサイトがKinstaでホストされている場合、Kinsta外の他のサイト(例えば、アダルトサイトやスパムサイトなどもこれに含まれるかもしれません)とIPアドレスを共有することはありません。専用IPと共有IPの違いについては、こちらの記事で詳しく説明しています。

Kinstaには外部IPというものがあります。これは、お客様のサイトが他のサーバーに接続するときに、そのサーバーに表示されるIPアドレスです。例えば、サイトがPayPalのようなサードパーティの決済サービスに接続する場合、PayPalに外部IPアドレスを提供し、IPの許可を求める必要があります。

ワーカープロセスとは何ですか?いくつ必要かどのように判断すればいいですか?

ワーカープロセスの数により、同時にどれだけのリクエストを処理できるかが決まります。簡単に言うと、ウェブサイトでキャッシュされていない全てのリクエストは、ワーカープロセスにより処理されます。

Kinstaでは、ホスティングプランごとに、ワーカープロセス数が異なります。この数字は、過去数年間の皆様のご利用状況に基づき決定されたものです。一般的には、固定ページ、ブログ記事などの静的コンテンツの多いサイトでは、多くのワーカープロセスは必要ありません。

大規模なWordPressサイトであっても、通常、4つのワーカープロセスがあれば十分です。ただし、サードパーティ製プラグインやクエリ、動的コンテンツ、キャッシュされる/されないレスポンスの数などはそれぞれであるため、必要なワーカープロセス数はサイトごとに異なります。そのため、場合によってはワーカープロセスが多い方が良いこともあります。

ワーカープロセスについて知っておくべきことをまとめた詳細記事をご覧ください。

禁止されているプラグインはありますか?

はい、Kinstaでは、特定のサードパーティプラグインがご利用いただけません。ほとんどの場合、「パフォーマンス低下につながる」、「Kinstaプラットフォームで機能しない」、「MyKinstaに、より簡単で優れた機能が実装されている」ことが理由です。対象プラグインはこちらからご確認ください。

Kinstaはメールサーバーも提供していますか?

私たちは、WordPressサーバーにすべてのリソースを投じているため、プランの一部としてメールサービスを提供していません。Kinstaでは、世界最高レベルのメールサービスの1つであるGoogle Workspaceの使用を推奨しています。

ホスティングサービスをメールの送受信に使用することのデメリットはこちらで詳しく解説しています。

Does Kinsta Have Git Support?

KinstaではGitクライアントをご用意しています。SSH接続でログインしてGithub、Gitlab、Bitbucket、その他サードパーティから自分のGitリポジトリをプル(pull)できます。「git push kinsta my_site」を利用して自動的にデプロイする機能はまだリリースしておりません。

KinstaとGitを組み合わせて利用する方法もあわせてご確認ください。

Kinstaは負荷分散ソリューション(マルチロケーション)を提供していますか?

Kinstaプラットフォーム上のすべてのサイトは、単一のLinuxコンテナで管理され、サイトデータベースはそのサイトコンテナ内のサービスとして実行されます。サイト毎に負荷分散のために複数のインスタンスを利用することはありません。Kinstaのアーキテクチャについてはこちらをご覧ください。

データベースを複数利用することはできますか?

サイト毎にご利用いただけるデータベースは1つまでです。

Kinsta CDNでカスタムドメインを使用することはできますか?

現在はご利用いただけません。「cdn.yourdomain.com」のようなカスタムCDN URLの使用が可能になる機能の実装を進めています。

KinstaはPCIに準拠していますか?

KinstaではPCI準拠を保証しておらず、お客様のサイトについて監査を実施し、状況を確認することも致しかねます。しかしながら、これは、KinstaでホストするサイトでPCIに準拠できないという意味では決してありません。実際、お客様の中には、第三者の監査機関と協力しPCIコンプライアンスに合格した方はたくさんいらっしゃいます。そのようなケースの多くで、ご要望に応じ若干の調整を行う必要が生じましたが、Kinstaとお客様の双方で少しずつ手を加えた結果、無事に監査を突破されています。

Kinsta でのPCIに準拠したホスティングについてはこちらからご確認ください。

KinstaはHIPAAやPHIに準拠していますか?

複雑な監査とセキュリティが必要なため、Kinsta、そして、他の多くのマネージドホスティング会社が、HIPAAやPHIのコンプライアンスを保証することができません。

Kinstaにおける「WordPressサイト」や「WordPressインストール」の定義とは?

Kinstaの各ホスティングプランでは、1つまたは複数のWordPressを「インストール」することができます。「1つのWordPressやサイトのインストール」とは「1つのWordPressサイトをホストできる」ことを意味し、これには、ファイル(コアファイル、テーマファイル、プラグインファイル)とデータベースが含まれます。

ただし、マルチサイトの場合は例外となります。以下をご覧ください

Kinstaではマルチサイトをどのようにカウントしていますか?

マルチサイトは、それぞれ1つのインストールやサイトとみなされます。例えば、1つのマルチサイトに10のサブサイトがある場合でも、ネットワーク内のすべてのサブサイトが同じWordPressとデータベースを共有するため、「1つのインストール」つまり「1件のサイト」とみなされます。

各プランのCPUとRAMの容量はどれくらいですか?

Kinstaは、Google Cloud Platformの複数のデータセンターのいずれかを土台とした仮想マシンを使用しています。対応リージョンでは、GCPで最も優れたコアあたりのパフォーマンス(3.8 GHz)を誇り、WordPressのようなCPU集約型のワークロード向けに最適化の施されたC2(コンピューティング最適化)仮想マシンをご利用いただけます。

標準プランをお選びのお客様には、各本番サイトのコンテナにて、デフォルトで12 CPU、8GBのRAMがご利用いただけます。標準プランの各ステージング環境に付与されるリソースは、1 CPU、8GBのRAMとなります。

Kinstaの値が張る理由とは何ですか?

これにつきましては「Kinstaが選ばれる理由」をお読みいただくことをお勧めします。ここでは、競合他社との違いを数多く紹介しています。

WP Engine、SiteGround、Flywheelなど、他のマネージドWordPressホスティングをご利用の方は、以下の個別の比較記事をご覧ください。

Kinstaは、Google Cloud Platformを独占的に利用した世界初のマネージドWordPressサーバーであり、弊社スタッフは業界の誰よりもこれを熟知しています。インフラストラクチャ全体がGoogle Cloud Platformを中心に構築、最適化されており、プレミアム階層ネットワークなど、他の企業にはない機能も採用しています。さらに、新しいデータセンターが利用可能になり次第すぐに導入─現在、35カ所のデータセンターをご用意しています。

Kinstaのサポートは他社とは一線を画します。マニュアルをなぞるだけのスタッフは決して採用しません。サポートチームは、最高のLinuxエンジニアとWordPress開発者のみで構成されています。フォーチュン500企業を支えるのと全く同じチームが、お客様のサポートに尽力いたします。そのため、ストレスフリーで、たらい回しもなく、問題を迅速に解決することが可能に。24時間年中無休でご利用いただけます。

Google Cloud Platformによりブロックされている国はありますか?

Google は、キューバ、クリミア、イラン、北朝鮮、スーダン、シリアなど、特定の国や地域における一部のサービスへのアクセスをブロックしています。これは、法的な制限が課せられているためです。詳細および最新の対象一覧は「U.S. Department of the Treasury」をご覧ください。これらの国を旅行中で、サイトを更新したり、MyKinstaにアクセスする必要がある場合は、ExpressVPNやNordVPNなどのVPNを使用することができます。

中国については、アクセスに問題はございません。実際、現在多くのお客様が中国市場向けにサービスを提供しています。しかし、中国政府による制限が発生した場合には、Kinstaがそれをコントロールすることはできませんので、そのような意味でのアクセスを保証することは致しかねます。GoogleサポートのNavi氏はこう述べます

Cloud Platformでは、中国からのアクセス(トラフィック)に制限を設けていません。GCPでサイトをホストしても、中国のユーザーがブロックされることはありません。

とはいえ、中国政府による制限をGoogleがコントロールすることはできません。

お客様のウェブサイトに中国からアクセスできるかどうかをテストしてみることもできます。

KinstaのCloudflare統合機能とは?

Kinstaのすべてのサイトを対象に、無料のCloudflare統合機能がご利用いただけます。Cloudflareは、ウェブセキュリティとパフォーマンス向上に貢献する業界でも有数のサービスです。Cloudflareの統合機能により、Kinstaでホストするサイトには、無料のDDoS保護を含む高度なファイアウォールを用いた守りが適用されます。KinstaのCloudflare統合機能についての詳細はこちらをご覧ください。

Kinstaプラットフォームにはどのような設定が採用されていますか?(PHPの情報やバージョンなど)

Kinstaのホスティングプラットフォームで使用されている設定、サーバーソフトウェア、およびバージョンは以下の通りです。

PHPについて

Kinstaでは、PHP 8.0、および7.4を提供しています。PHPのデフォルト設定は以下の通りです。

memory_limit = 256M
post_max_size = 128M
upload_max_filesize = 128M
max_input_vars = 10000
max_execution_time = 300

サーバー

KinstaはウェブサーバーとしてNginxを利用しており、現在は1.15.9以上が稼働しています。

データベース

KinstaはMariaDB 10.3以上を利用しています。

TLS

すべてのKinstaサーバーとKinsta CDNはTLS 1.3以上をサポートしています。あわせてTLS vs SSLの記事をお読みください。

KinstaはZapierと互換性がありますか?

はい、KinstaでホストするWordPressサイトはZapierを用いた自動化と互換性があります。Zapierは、xmlrpc.phpを介してWordPressサイトと連動します。デフォルトでは、Kinstaはxmlrpc.phpへのすべてのアクセスを無効にしていますが、これはxmlrpc.phpがハッキングや悪意のある攻撃に利用されることがあるためです。KinstaでZapierとWordPressを統合する際に問題が発生している場合には、カスタマーサポートにご連絡いただければ、Zapierの統合をブロック対象外として設定いたします。

その他、ご質問はございますか?

その他、技術的なご質問がございましたら、以下のフォームからお知らせください👇また、営業部に直接ご連絡いただくことも可能です。


手間と費用を節約しながら、サイトパフォーマンスを最大化しませんか?

  • 24時間年中無休で、WordPressに精通したエンジニアが親切丁寧にサポート
  • Cloudflare Enterpriseとの統合
  • 東京、大阪をはじめとする世界35箇所にあるデータセンターから選択可能
  • アプリケーションのパフォーマンス監視機能を使って最適化を徹底

長期契約による縛りはございません。サーバー移行のサポート、30日間の返金保証など、さまざまなサービスが付帯します。お客様にぴったりのプランをご提案いたしますので、営業までお気軽にお問い合わせください。また、プラン一覧はこちらからご確認いただけます